2018-02-24

2018/02/24ギーター第2章勉強会⑪

ナマステー♪

千葉市中央区のヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^


अन्तवन्तः 1/3 इमे 1/3 देहाः 1/3 नित्यस्य 6/1 उक्ताः 1/3 शरीरिणः 6/1 ।

अनाशिनः 6/1 अप्रमेयस्य 6/1 तस्मात् 5/1 युध्यस्व II/1 भारत 8/1॥२.१८॥

永遠不滅で プラマーナでは知られることはない
体を支える人(意識)にとって その支える体は終わりあるものである
故にバラタの子孫よ 戦え!

私たちは考えに起こる世界を「リアリティー」だと見ますが、その認識は3つのレヴェルの「リアリティー」からなる認識です。

①プラティバーシカ(主観的な)➔ロープに見るヘビ(=アヌルタン)
②ヴャヴァハーリカ(関われる)
③パラマールティカ(サッテャム)

サトとアサトの間には、ヴャヴァハーリカ(関わり)はありません。
ポットと土の間に関わりがないように。
ここにはたった1つの土、つまりサットがあるだけです。

この詩で、アートマーはプラマーナ(知識の道具)では知られることができないもの、アップラメーヤと言われています。
➔プラマーナは以前のブログで詳しく書いていますので参考にして下さい

私たちのプラマーナで捉えることができるものは、どんなものでも永遠(ニッテャ)ではありません。

知られるものは何でも「時間」と、「空間」の枠の中にあるからです。

それはアニッテャ(永遠でないもの)です。

アートマーは、知識の対象になり得ない(アップラメーヤ)ですが、ではなぜ私たちはギーターシャーストラを学ぶのでしょう?

次回の勉強会では、スワミジがここを丁寧にお話して下さいます。

来週3月3日(土)11:20~12:50
またスワミジのお話に耳を傾けてみましょう。

関連記事