2018-08-20

2018/08/18ギーター第2章勉強会㉓

ナマステー。
千葉市中央区のヨガ教室 ギーターヨーガ主宰やのちさとです^^

8/18の勉強会では、ギーター第2章29番目の詩を読み進めていきました。

आश्चर्यवत् 0 पश्यति III/1 कश्चित् 0 एनम् 2/1 आश्चर्यवत् 0 वदति III/1 तथा 0 एव 0 च 0अन्यः 1/1 ।

आश्चर्यवत् 0 च 0 एनम् 2/1 अन्यः 1/1 शृणोति III/1 श्रुत्वा 0 अपि 0 एनम् 2/1 वेद III/1 0 च 0 एव 0 कश्चित् 0 ॥२.२९॥

ある人は自分自身を驚きと見ます。同様にある人は、それを驚きとして話します。
ある人は驚きとして聞きます。更にある人は、この自分自身について聞いた後でさえ、それを全く理解しません。[29]

 

~以下、プージャースワミジ解説のまとめ~

私達がアートマーを理解する時、それは驚きであり、
またアートマーを理解しない時、何故誰かがアートマーを理解出来るのかが驚きです。

アートマーは今までに全く見られなかった何かで、グルによって教えられた人に、突然、衝撃的に現れる何かであります。
生徒は理解しアートマーを驚きとして見ます。

何故?
何故ならその人は、今や自分自身が驚きであると見るのです。

私が全体で、
全てが私に集約されて、
全てが私であると突然に発見した時、それは明らかに驚きです。

自分自身についての、このリアリティは不可能に見えます。
次第に、それは漠然とした可能性になり、
最後にはそれがリアルであり、真実です。

私によって経験されるものは何であれ、私自身です。
私は全ての音であり、私は全ての色や形であり、
私は全ての匂いであり、匂いの源であり、
私は全ての味であり、味の源です。

私は食べ物であるたけでなく、食べ物を食べる人でもあります。
そうでなければ私は食べられてしまいます。

私はヴェーダを作った人でさえあります。
私は単にヴェーダの読み手であるだけでなく、その作者でもあります。

私こそがヴェーダという道具によって理解されるものです。
私こそが全宇宙の創造主、ブラフマー神です。

今まで私達が全てであり、全創造物の真実であるとは決して信じなかったのですから、これは全く驚きです。
明らかに真実は逆さまであるようです。

アートマーについてのダルシャナ、この宇宙観がまさに驚くべき事、アーシュチャルヤです。

そしてこのアートマーについての説明を聞く(シュラヴァナ)時、それはもう1つの驚きです。

あなたが全ての真実、サッテャであり、
全ての幸せの源、全ての人の幸せ、パラム・ブラフマであると聞く事は驚きです。

アートマーは、始めから終わりまで驚きです!
それは、サト・チト・アーナンダで、同時に全く変化を請け負うことなく、この全世界を創りました。

アートマーについて話す事自体不可能な事なので、(アートマーはこんな物として話す事が出来ない)
アートマーについて話すことは、それ自体が驚きです。

どんな変化も経験せず、
どんな特定の名前、形を装いもせず、
限りがないものが、まるで限りがあるように現れる事は不思議です。

全てのナーマ・ルーパ(名前・形)はブラフマンに他なりません。
そしてブラフマンは私、アートマーです。

先生がこの様に話し、そして話しきってしまう事が出来る事も、もう1つの驚きです!
そして先生の話を聞いた後、生徒もまた彼らの間でアートマーの不思議さを話します。
ですからアートマーについての全ての事が驚きです。

次回も引き続き29番目の詩を深めていきます。
次回の勉強会は9月22日(土)11:20~12:50です。

最後までありがとうございました。

関連記事