サンスクリット語

サンスクリット語は「デーヴァ(神の)・バーシャ(言語)」とも呼ばれます。インドの聖典ヴェーダで教えられている祈りに使われる言語だからです。

サンスクリット語への興味というものは、人間の持てる興味の中で最も尊いものだとされています。

なぜならば、サンスクリット語に触れることは、あらゆる意味でその人を吉兆へと導くからです。

  サンスクリット語step1

サンスクリット語読み書きのクラスです。

日本語の「ひらがな」と同じように、文字が書けると読めるようになります。詩のチャンティングは比較的早くできるようになり、より楽しくバガヴァッドギーターなどの聖典を学べます。

※テキストは、インドのヴェーダーンタ・アーシュラムで長期コースを指導されているMedhā Michika先生の「わかりやすいサンスクリット語の正しい発音と表記」をテキストに使います。


テキストの注文はこちらから

 開催日

第2、第4 水曜日 10:50~12:00

10月10日(水)10:50~12:00

10月24日(水)10:50~12:00

12月12日(水)10:50~12:00

12月26日(水)10:50~12:00

現在、ギーター・ディヤーナムの言葉を読み書きし、意味をみています。
祈りを日々の生活に取り入れられるよう、コツコツ読み書きしています。

  サンスクリット語step2

音と音の繋がりについて学ぶクラスです。

このクラスに参加するとギーターをはじめとする多くのシュローカ(詩)がチャンティングすることができるようになります。step1に参加していなくても、ご参加頂けます。ゆっくり楽しく学びましょう!!

※テキストは、インドのヴェーダーンタ・アーシュラムで長期コースを指導されているMedhā Michika先生の「Enjyoyable Sanskrit Grammer Volume2」を使います。


テキストはこちらからご購入

 開催日

10月06日(土)11:20~12:50

10月20日(土)11:20~12:50

12月15日(土)11:20~12:50

現在母音のサンディを勉強中です。

  チャンティングクラス

バガヴァッドギーター、タットヴァボーダなどの聖典のシュローカや、ストートラムなどのチャンティングに慣れ親しむクラスです。

チャンティングに興味がある方、はじめての方でも、サンスクリット語の力強く美しい音を味わい、楽しく練習してみましょう。

チャンティングの練習はサンスクリット語の読み書きを練習している方は、特に練習することをお勧めします。

私はチャンティングを通して、サンスクリット語に慣れ親しんできました。

 開催日

10月14日(日)11:20~12:30

10月28日(日)11:20~12:30

12月09日(日)11:20~12:30

12月23日(日)11:20~12:30

バガヴァッドギーター第2章第11番目の詩~30番目の詩までのチャンティングの練習をします。
バガヴァーンが「私とは何か?」を語る20の詩です。正しい発音でチャンティングしましょう。

 参加費について

ダクシナー制

ヴェーダーンタの教えはダクシナームールティ―をはじめとする古来の先生方より代々受け継がれてきたとても神聖な教えです。その知識と知識の継承に対して敬意を表すために、伝統を守り教えを引き継いでいる先生に渡すお金がダクシナーです。クラスを行う先生個人に授業料として支払うというより、教えの継承自体への貢献です。

皆さまから頂いたダクシナーは、日本とインドで健全で豊かな社会づくりに貢献している団体や、わたしの先生方へのダクシナーとして大切に使わせて頂きます。

   ご予約

予約フォーム、メールinfo@gitayoga.jp
面識のある方は便利にLINEやMessengerもご利用頂けます。