千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第2章11番目の詩②

श्रीभगवानुवाच ।

śrībhagavān uvāca

अशोच्यानन्वशोचस्त्वं प्रज्ञावादांश्च भाषसे ।

aśocyān anvaśocas tvaṃ prajñāvādān ca bhāṣase |

गतासूनगतासूंश्च नानुशोचन्ति पण्डिताः ॥२.११॥

gatāsūn agatāsūn ca na anuśocanti paṇḍitāḥ ||2.11||

バガヴァーンが言いました

あなたは博識なことを話しているが悲しまれるべきでないことを悲しんでいる

知識を得た者は、生きている者にも 息を引き取った人のためにも悲しまない

-

賢い人[パンディタ]とは、アートマーとアナートマーを知る人です。

アートマーを知るなら、当然アナートマーも知っています。

アルジュナの悲しみは、アートマーとアナートマーの違いを知らないためでした。

わたしとわたしでないものを見極めるなら[アートマ・アナートマ・ヴィヴェーカ]パンディタの様に悲しみません。

アートマーもアナートマーも 悲しみの原因ではないのです。

実用主義者の観点から悲しみを分析れば、どんな悲しみも無駄で何も実りがないという結論です。

ヴェーダの教えに従う人[アースティカ]の観点から悲しみを見るなら、肉体を手放しても個人[ジーヴァ]は続くので、悲しみは問題ではありません。

ギーターの観点から見るなら、アルジュナは「悲しむな」と 忠告されたのではなく、悲しむ理由がない[ア・ショーチャ]と言われました。

「悲しみとは何か?」が理解されなければなりません。

クリシュナは、この章の中で比較上でも、絶対的な観点からも悲しみの原因は無いということを立証していきます。

理由がない悲しみを抱いていると、ギーターが言うのは、私[アートマー]も私以外[アナートマー]も悲しみの原因ではないということです。

満ちているという本質であるアートマーは、アートマー以外のものに 影響され得ないことを明かします。

ロープに上乗せされる想像上の蛇は、ロープに影響を及ぼしません。

同様にアートマーは、その上に投影されたどんなものによっても影響されません。

悲しみとは、リアリティを認識できない為、アートマーの上に投影された何かです。

夢で野犬に追いかけられたとしても、目覚めると、その野犬に追いかけられることがない様に、同じリアリティに属しているものだけが関われます。

本質[スヴァルーパ]である水は、波によって影響されません。

同様に、本質[スヴァルーパ]であるアートマーは、アナートマーに影響されません。

ギーターは、主題である識別[ヴィヴェーカ]と、結果であるモークシャを繋ぐもので、何がわたし[アートマー]かを明らかにします。

それによって人は、賢くなる事が出来ます。

「悲しむ余地がない」と教えがはじまるのは、とても効力のあるはじまり方です。