2019-04-01

「ヨーギー」とは?

ナマステー。

ギーターヨーガ主宰ヤムナーです。

今日は「ヨーギー」について皆さまにシェアします。

今、巷にはさまざまな名前のヨーガが溢れています。

○○ヨーガ、△△ヨガ、シヴァナーンダヨーガ、ちなみにギーターヨーガも!

これらのヨーガを求める人は、おそらく物質的な消費という市場で「幸せになる手段」の限界を感じた人々で、

それらとは違う、より精神的な、根本的な解決法を探りはじめた人(気づいてなくても)なんだと思うんです。

私もズバリそうでした。

で、まず「ヨーガ」という言葉の意味からお伝えしなければならないと思いながらも、

「ヨーガ」という言葉は、使い方によって様々な意味があり、

「どこで、どの様な意図で使われているか」を見て言葉の定義を決定しますから、一言では言えません。

でも、ギーターヨーガに関わって下さる皆さまは、私がお伝えしているヨーガを知っていれば十分です!

ここは、自信満々に言わせて頂きます!!

私がお伝えするヨーガは、聖典バガヴァッドギーターがベースです。

すなわち、カルマヨーガを学び、カルマヨーギーとして生きる!

もう、これでパーフェクトです!!

有名な教典、ヨーガスートラは、本気中の本気の修行者の教典で、一般人向けの教典とは言い難く、

あ、でもヤマ・ニヤマの学びは日常に生かせますから、このサイトでもご紹介しています。

ヨーガという言葉を使ってはいても、バガヴァッドギーターとヨーガスートラでは目的が違いますし、

ヨーガスートラは、仕事や家庭を持ち、夫婦円満、家族仲良く、お仕事の繁栄などを調和をベースに求める人(グラハスタ)に向けて説かれたものではありませんから、

私達グラハスタが、日常生活に活かすなら「バガヴァッドギーター」を学ぶのがおすすめです!

さて、では本題です。

「ヨーギー」とは?

もちろん、ポーズの達人ではありませんよ!

息を3分止められる人でもありません!

「人間として生まれてきた意味は何?」

「何の為に私は生きているの?」

まずは、これにしっかり向き合い、答えられる人がヨーギーです。

日本の文化では、これらについて答えられる文化がありません。。。

私もギーターに出会うまで、自分にとっての基盤や指針がないので、不安で不安で、不安が故に何かを貯め込み、自分なりの安全を求め生きてきました。

でも、バガヴァッドギーターの舞台であるヴェーダの文化では、このことがしっかりと教えられています。

「人間として生まれてきた意味は何?」

「何の為に私は生きているの?」

その目的とは、「幸せになること」です。

おいおい!と思っている方(笑)

もう少し明確に言うなら「私が幸せであることを認識すること」です。

それを真剣に考える文化と、伝統がインドにはあるんです!

で、その「幸せ」、もう少し丁寧に言います。

完全な幸せ、制限なしの幸せを「モークシャ」と言います。

そのモークシャという知識を教えるのがバガヴァッドギーターです。

バガヴァッドギーターは言います。

「あなたが幸せの本質です」

結論、ヨーギーとは、わたしが幸せだと言う事を認識したくて、たまらない人のことを言います。

このモークシャを求め生きている人がヨーギーです。

でもね、

さっきも書いたように、人は皆「わたしが幸せの本質です」とは認識してないとしても、「幸せになること」は求めていますよね。

だとしたら、

真のヨーギーでなくとも「ひよっこヨーギー」ですね。

ギーターヨーガでは「ひよっこヨーギー」ALL WELCOMEです。

「ひよっこヨーギー」のリーダーがお待ちしております。

基本のヨーガ90分に参加していれば、聖者のお言葉をシェアしていますし、丁寧に呼吸の練習があり、祈りとともにクラスがはじまります。

私達のタマス(怠ける質)や、ラジャス(激しい質)が少しずつ取り除かれて、ひよっこから卒業して本当のヨーギーになっていく時が来るかもです!

(来るかもにしておきます、笑!)

ひよっこもヨガクラスだけでなく、バガヴァッドギーターを学べば更に穏やかさと、ゆとりが倍速で身につくことでしょう。

以上、「ヨーギー」とは?でした。

最後までありがとうございます。

関連記事