2019-08-25

2019/8/17ギーター第2章勉強会㊹

8/17の勉強会も、引き続き第2章47番目の詩を読み進めていきました。

कर्मण्येवाधिकारस्ते मा फलेषु कदाचन ।

मा कर्मफलहेतुर्भूर्मा ते सङ्गोऽस्त्वकर्मणि ॥२.४७॥

あなたの選択(権利)は行為にだけです。

決して行為の結果にはありません。

行為の結果の起因と考えないように。

アカルマ(結果)にあなたの執着がないように。[2-47]

全ての宗教が

「イーシュワラはニミッタ・カーラナ(知的要因)」

だと言います。

しかしヴェーダだけが

「イーシュワラはまたウパーダーナ・カーラナ(物質的要因)」

でもあると言います。

「知的要因」「物質的要因」の両方が

イーシュワラだと理解する時

「ここにあるもの全てはイーシュワラ」

だと私達は理解します。

ミッテャーがある所には

どこでもサッテャがあります。

そしてサッテャが、ありとあらゆる物にとっての

アディシュターナ、基盤、ベースです。

パラメーシュワラ自身がパラム・ブランマンであり

サルヴァッンニャ・全知と

サルヴァシャクティマーン・全能である

ニミッタカーラナ、宇宙創造の知的要因です。

またそれがウパーダーナカーラナ、宇宙創造の物質的要因です。

こうして彼は結果のメーカーであるだけでなく

まさに法則であり、実際行いの結果そのものなのです。

物理の法則、心理学の法則

この宇宙にあるその他のいかなる秩序も

イーシュワラの法則であるのみでなく

イーシュワラそのものです。

この偉大なる秩序を理解する時

もう不平を言う理由が私達にはありません。

法則の数々からやって来る、行いの結果の数々は

イーシュワラ、神から離れていませんし

それらはイーシュワラからやって来ます。

単なるサマットヴァをカルマヨーガに変えるものは

このイーシュワラの理解です。

私達はイーシュワラを

行いの結果を与える者(カルマ・パラダーター)と理解し

自分自身はただ行いをする人(カルマ・カルター)と理解します。

ですからカルマヨーギーである為に

人はイーシュワラを受け入れなければなりません。

———

【勉強会での補足】マーヤーの働き

①アーヴァラナ・シャクティ(リアリティを覆い隠す働き)

②ヴィクシェーパ・シャクティ(名前や形を現す働き)

———-

次回も引き続き47番目の詩を読みすすめます。

日程:8月31日(土)11:20~12:50

最後までありがとうございました。

千葉市中央区ヨガ教室「ギーターヨーガ」ヤムナー

関連記事