2019-10-11

2019/10/5ギーター第2章勉強会㊽

10/5の勉強会は、第2章48番目の詩を読み進めました。

योगस्थः 1/1 कुरु II/1 कर्माणि 2/3 सङ्गम् 2/1 त्यक्त्वा 0 धनञ्जय 8/1 ।

सिद्ध्यसिद्ध्योः 7/2 समः 1/1 भूत्वा 0 समत्वम् 1/1 योगः 1/1 उच्यते III/1 ॥२.४८॥

ダナンジャヤよ。執着を手放して

成功にも失敗にも同じに留まり

ヨーガにしっかり留まり行いをしなさい。

考えに偏見のない事からの平静な生き方が

ヨーガと呼ばれます[2-48]

 

ヴァイディカ・カルマ(ヴェーダで申し付けられている儀式)

4つのカテゴリー

①カーミャ・カルマ(誰かに望まれた何らかの結果を生み出す為の儀式)

②ニッテャ・カルマ(毎日の儀式)

③ナイミッテャ・カルマ(特別な日時に行われる儀式)

④プラーヤシュチッタ・カルマ(間違った行いを正す為の儀式)

4つ目の間違いを正す為に行われたカルマは

プラーヤシュチッタ・カルマと呼ばれ

間違った行いの結果を中和する事が出来ます。

プラーヤシュチッタ・カルマの例えは

チャーンドラーヤナです。

1カ月に食べる食べ物の量を調整します。

満月の日に始め、次の日食べる量を15分の1を減らします。

次の日又15分の1。

これを何も食べない新月の日まで続けます。

そして、新月の後の最初の日(プラタマー)に

15分の1を食べ、次の日には15分の2を食べ、

満月の日まで、15分の1量を増やします。

この期間中が、ある種の儀式になります。

プラーヤシュチッタ・カルマは、つぐないのカルマです。

カルマヨーガにおいてはカーンミャ・カルマを手放します。

イーシュワラに捧げるものとして

同様に、考えをきれいにするために

ニッテャ・ナイミッテャ・カルマを行います。

アンタッカラナシュッディ(考えをきれいにする)の目的で、

ヴァイディカの儀式を行い、カルマ・ヨーギーとなります。

「そうでない場合は、カルミーです」

とシャンカラがここで述べています。

ヴャヴァサーヤートミカ・ブッディ(はっきりと確かめられた理解)

を持つなら、カルマの全てが

モークシャに方向づけられます。

そしてモークシャの為に、準備された考えを必要とします。

モークシャはカルマで得れません。

カルマは考えを準備する為です。

カルマを通し、考えを準備する事は

私達にとってヨーガとなります。

ギーターの中で「カルマ」という言葉は

ヴァイディカ・カルマとして通常は使われますが

戦う事は「成さねばならない事」で、

クシャットリアの義務としてのカルマでした。

こうしてカルマ・ヨーガは全ての活動をカバーします。

私達はラーガ・ドヴェーシャ(好き・嫌い)

があり、それらは中和されるべきです。

サマットヴァ(物事の捉え方の偏見の無さ)

を持ち、行いをする時ラーガ・ドヴェーシャは中和されます。

この考えのあり方がカルマ・ヨーガです。

この詩の中で述べられたサマットヴァの考えのあり方は

行いそのものではなく

結果(パラ)に関してです。

この考えのあり方が、ヴェーダの文明に表れていて

プラサーダブッディと呼ばれます。

———-

【重要ポイント】

ヴェーダにおいて

「結果に期待することなく、行動を起こすべきだ」

と言う伝統はありません。

———-

その様な解釈は、更なるコンプレックスを作り出します。

試してみたら分かります。

何かの結果を期待しせず、行いは出来ません。

これらが、カルマ・ヨーガの意味として

翻訳されているものもありますが

それらは、間違った翻訳です。

次回の勉強会は10月19日(土)11:20~12:50です。

引き続き第48番目、カルマヨーガ定義の詩を読み進めます。

最後までありがとうございました。

千葉市中央区ヨガ教室「ギーターヨーガ」ヤムナー

関連記事