2019-11-17

2019/11/16ギーター勉強会(51)

योगस्थः 1/1 कुरु II/1 कर्माणि 2/3 सङ्गम् 2/1 त्यक्त्वा 0 धनञ्जय 8/1 ।

सिद्ध्यसिद्ध्योः 7/2 समः 1/1 भूत्वा 0 समत्वम् 1/1 योगः 1/1 उच्यते III/1 ॥२.४८॥

ダナンジャヤよ。執着を手放して

成功にも失敗にも同じに留まり

ヨーガにしっかり留まり行いをしなさい。

考えに偏見のない事からの平静な生き方が

ヨーガと呼ばれます[2-48]

神の創造物(イーシュワラ・スルシュティ)のみがあります。

イーシュワラ・スルシュティは、ダルマの法則も含みます。

この知識(ダルマの法則)は一般的に「良心、善悪の観念」と呼ばれますが、それはダルマとアダルマの常識的な知識です。

宇宙創造の中に既にある事実として、誰もが持っている基本的な知識です。

重力の法則をはじめとする、他の法則が宇宙創造の一部として存在するように、ダルマの法則も宇宙創造の一部として存在します。

イーシュワラが創造主であり、創造宇宙が創造主から離れていないなら、宇宙創造の一部であるダルマの法則もイーシュワラから離れてはいません。

ですからダルマはイーシュワラです。

同じように、カルマの法則もまたイーシュワラです。

これが、イーシュワラをダルマに見立てて祈る事が出来る理由です。

「ラーマはアヴァターラである」と言う時、私達はどんな歴史も必要としません。

ラーマが存在していたかどうかは関係ないのです。

彼はただイーシュワラとして見なされて、尊敬されるのですから。

ラーマは人格化されたダルマなのです。

名前と形と言うのは、祈りと瞑想の為だけに与えられています。

それがラーマやクリシュナなどとして表現されています。

私達は宇宙創造の様々な要素からイーシュワラを見て、それらの要素の数々をデーヴァターと呼ばれる様々な異なる神々として表現します。

単にダルマと調和するだけなら道徳的な人ですが、もしダルマをイーシュワラとして見るなら、与えられた時と場所で、行うべき事を行う事で、それは祈りとなります。

ダルマは既に完成されてあるものであり、私達はそれを感じ取る様になります。

ですから、成すべきカルマを行う事で、私達はイーシュワラに祈っているのです。

世界はイーシュワラから現れ、イーシュワラによって支えられています。

「彼が世界を創造して、彼は眠りについた」というものではなく、宇宙創造は今進行中です。

創造(スルシュティ)、維持または存在(スティティ)、そして崩壊(サムハーラ)。

絶え間ない宇宙創造の過程が進行中です。

動物界、植物界のメンバー達はプログラムで、すべきことを振る舞い、宇宙創造に対して貢献します。

唯一人間だけがプログラムではないので、自分自身でそうする事を決めない限り、すべき事をしません。

都合が良い事を求め、楽しい事を求めます。

容易い満足感は、人間だけが求めます。

ですから人間は自身で沢山のラーガ・ドヴェーシャ(好き・嫌い)を作り上げ、それらのラーガ・ドヴェーシャが様々な行いをする様、人を駆り立てます。

ダルマ(=イーシュワラ)に反する事は、イーシュワラである秩序に反して進む事であり、それはアダルマなのです。

次回の勉強会は12月07日(土)11:20~12:50です。

次回は第49番目の詩に入ります。

最後までありがとうございました。

千葉市中央区ヨガ教室「ギーターヨーガ」ヤムナー

関連記事