2020-12-01

【ギーター】第3章3番目の詩①

2020/11/30

श्रीभगवान् उवाच ।

śrībhagavān 1/1 uvāca III/1 |

लोकेऽस्मिन् द्विविधा निष्ठा पुरा प्रोक्ता मयाऽनघ ।

loke7/1asmin 7/1 dvividhā1/1 niṣṭhā1/1 purā0 proktā1/1 mayā3/1anagha8/1|

ज्ञानयोगेन साङ्ख्यानां कर्मयोगेन योगिनाम् ॥३.३॥

jñānayogena3/1sāṅkhyānāṃ6/3karmayogena3/1yoginām6/3 ||3.3||

シュリー バガヴァーンが言いました。

罪のない者よ。この世の2つ専心するライフスタイルは

最初に私によって語られましたが

サンニャーシーの為のニャーナヨーガと

ヨーギーの為のカルマ・ヨーガです[3-3]

神[イーシュワラ]としてクリシュナが

初めに世界の人々に明らかにした

2つの側面を持つ専心する

ライフスタイル[ニシュター]があります。

2つの側面を持つライフスタイル[ニシュター]

1.ニャーナ・ヨーガ

サーンキャー(サンニャーシー)達の為の生き方

2.カルマ・ヨーガ

他の全ての人々、つまりカルマ・ヨーギーの為の生き方

サーンキャという言葉は、知識という意味で

知識のみを追求する隠退生活[サンニャーサ]を

意味するものとしても使われます。

知識の追求に専心している人は、サーンキャと呼ばれ

全ウパニシャドで、明確に繰り広げられた知識もサーンキャと呼ばれます。

それがヴェーダーンタで述べられる主題です。

ヴェーダーンタで扱う唯一の項目が

”アートマーがブラフマンである”ということです。

アルジュナは、Best[シュレーヤス]=モークシャを求め

クリシュナは2つの側面を持つニシュターを述べました。

モークシャが、明らかな最終ゴールで

ニシュターがこのゴールの手段です。

カルマ・ヨーギーと呼ばれる人は、

隠退生活を送っていない全ての人を含み

単にヨーギーとも言われます。

彼らにはカルマ・ヨーガがあります。

一方サンニャーシーにはニャーナ・ヨーガがあり

これら2つのスタイルは、ヴェーダの文化の中にある

4つのステージと対応しています。

人生の4つのステージ(アーシュラマ)

1.ブランマチャルヤ・アーシュラマ[ब्रह्मचर्य-आश्रम]

人生最初の24年間、学業に励む生活

2.グラハスタ・アーシュラマ[ग्रहस्थ-आश्रम]

家庭を持ち、家庭を養う事が第一優先

3.ヴァナプラスタ・アーシュラマ[वानप्रस्थ-आश्रम]

家族や社会そして配偶者からも精神的な自立心を養い、儀式を執り行いながら世俗的な活動から身を引いてサンニャーサの準備をする

4.サンニャーサ・アーシュラマ[सन्न्यास-आश्रम]

社会、家庭の義務と権利を全て放棄し知識のみを追求をする

①ヴィッドヴァット・サンニャーサ

3つのアーシュラマどの段階でも、知識を得たなら、ヴィドヴァット・サンニャーサを取得できる

②ヴィヴィディシャー・サンニャーサ

資質を備え、自分自身を知りたいと願う人が取得する

③アーパト・サンニャーサ

グラハスタやヴァーナプラスタではなく、サンニャーシーとして死にたいと思い、アーパト・サンニャーサを取得する

関連記事