2021-01-11

【ギーター】第3章4番目の詩③

2021/01/11

न कर्मणामनारम्भान्नैष्कर्म्यं पुरुषोऽश्नुते ।

na0 karmaṇām6/3 anārambhāt5/1 naiṣkarmyam2/1 puruṣaḥ 1/1aśnute III/1 |

न च सन्न्यसनादेव सिद्धिं समधिगच्छति ॥३.४॥

na0 ca0 sannyasanāt 5/1 eva 0 siddhiṃ2/1 samadhigacchati III/1 ||3.4||

行いをしないことで

行いのないこと[ナイシュカルミャ]を

得るのではありません。

単に、サンニャーサから成功(自由)を

達成するのでもありません[4]

行いをしないことで、ナイシュカルミャ

つまりサルヴァ・カルマ・サンニャーサは得られないと

この詩でクリシュナは言いました。

全ての行いを手放すということは

ただ知識の形の中にあります。

行い手という観念を手放さない限り

全ての行いを手放すことはありません。

”行い手という観念を手放させばいい”

そうすると決めただけで、できると思うなら

それを決める、という行いをする行い手がいます。

これも、行い手という観念を手放せていません。

しかし「自分は行い手ではなく、ブラフマンである」

という知識を得た後は、行い手であるという観念はなくなります。

この知識だけが、行い手であるという観念を取り除きます。

自分を明け渡すことが、神に至るもう1つの方法

と考えるのも違います。

明け渡すという行いをする

行い手であるという観念を

手放さなければならないことが残っています。

関連記事