2021-02-09

【ギーター】第2章69番目の詩④

2021/02/06

या निशा सर्वभूतानां तस्यां जागर्ति संयमी ।

yā niśā sarvabhūtānāṃ tasyāṃ jāgarti saṃyamī |

यस्यां जाग्रति भूतानि सा निशा पश्यतो मुनेः ॥२.६९॥

yasyāṃ jāgrati bhūtāni sā niśā paśyato muneḥ ||2.69||

全ての生きものにとっての夜の中で

自分を熟知している賢者は目覚めています

生きものが目覚めているその中に

気づいている賢者にとっては夜です[2-69]

賢者以外の人は、分かれている事のみに目覚め

この分かれた見え方のみがリアルですが

賢者にとっては、如何なる分け隔ても夜です。

人々が愚痴をこぼすサムサーラを

賢者は少しも見ないのです。

「私は悲しい」と言う人がいますが

賢者はどんな悲しみも見ません。

「世界はあんまりだ」と言う人がいますが

賢者はそうだと見ないのです。

世界があんまりなのではありません。

あなたがあんまりなのでもありません。

あなたこそが全てなのです。

ですから、賢者にとっての宇宙観は

”わたしは限りがない[アハム プールナハ]”

賢くない人々は、私は限界ある者だ

[アハム ア・プールナハ]と言います。

賢者にとって「アハム ア・プールナハ」は、まるで夜の様です。

皆に昼であることが、賢者にはまるで夜の様で

皆に夜である事が、賢者にはまるで昼の様です。

この様に、賢者は賢者で

賢者でない人は、賢者でない人なのです。

賢者でない人は、賢者を知りません。

昼と夜は出会わない様に

賢者は、賢者でない人の様に世界を見ません。

これらは交わらず、正反対です。

夜が明けると、夜は去り

夜が来ると、昼は去ります。

スワミジのお話:太陽と暗闇さん

ナーラダが太陽神に

「太陽神でさえも見た事のない人がいる」と言うので

「私が見たことがない人とは誰なのだ?」

と太陽神はナーラダに尋ねます。

ナーラダは「暗闇さんと呼ばれる女性です」

と答えました。

「何処に暗闇はいるのか?」と太陽が尋ねると

「彼女は今インドです。インドに行けば会えるでしょう」

とナーラダが言いました。

暗闇さんを見たくて、太陽は東の空に昇りましたが

暗闇さんは、地球の反対側西のアンティポディーシュに行き

太陽神は怒り、本気でこの女性と会いたいがゆえ

再び彼女の後を追いましたが

太陽が東に昇ると、暗闇さんは西に行き

太陽が西に沈むと、暗闇さんは東に来るのでした。

こうして太陽は、暗闇さんを見つけようと回り続け

今日でさえ続けています。

知識と無知は交わらないので

クリシュナが教えたからと言って

アルジュナが賢くなるわけではありません。

イーシュワラは天国や、限定される場所にいる人で

その彼が、人を地上に落とし

状況や出来事に干渉していると考える人がいます。

なぜなら「わたしが、ありとあらゆるものである」

という真実が、彼らにとってはリアルでは無いのですから。

様々な憶測、思惑、信念、信仰があります。

賢者にとっては、全てが栄光、輝き[ヴィブーティ]です。

わたしの栄光[ママ ヴィブータヤハ]。

わたしは食べられる食べ物です[アハム アンナム]

わたしは食べ物を食べる人です[アハム アンナーダハ]

わたしは又、こういったこと全てから自由です。

無知な人は、この真実の宇宙観に目覚めず

無知な人が、目覚めていることに

賢者は目覚めてはいません。

これは、ロープを蛇に見間違えるのと似ています。

蛇を見る人は、恐れに震えますが

ロープをロープと見る人は

思いやりでその人と接するか

問題を見ないので単に通り過ぎるかです。

その人は、蛇がいると言われても

蛇ではなくロープがあるだけだと答えます。

アルジュナは、賢くあることでのみ、賢者を理解します。

実際は、賢者といった様なものも無いのです。

智慧があなたです。

あなたが智慧なのです。

賢者とは、自分自身を知っている人です。

あなたが、あなた自身を知るなら、あなたは賢者です。

あなたが自分自身を知るまでは、賢者を理解出来ません。

これは、アルジュナにとっては失望的でした。

なぜなら賢者の特徴を真似ることで

賢くなるだろうと思い

その特徴をクリシュナに質問したのですから。

関連記事