2021-02-15

【ギーター】第3章5番目の詩②

2021/02/08

न हि कश्चित् क्षणमपि जातु तिष्ठत्यकर्मकृत् ।

na hi kaścit kṣaṇamapi jātu tiṣṭhatyakarmakṛt |

कार्यते ह्यवशः कर्म सर्वः प्रकृतिजैर्गुणैः ॥३.५॥

kāryate hyavaśaḥ karma sarvaḥ prakṛtijairguṇaiḥ ||3.5||

実際、一瞬でさえ、行いすること無くいれる人は誰もいません

なぜならプラクルティから生まれたグナにより

私達は皆、抵抗もできず行いをさせられているのです[3-5]

プラクルティは、世界の物質の源に与えられた言葉で

サットヴァ、ラジャス、タマスという

3つの性質[グナ]を持つプラクルティから

あなたの考えも生まれています。

源[プラクルティ]は3つの質がある為

出来上がった結果の中にも、その質はあります。

例えば、金は1つのバングルの源で

金には性質や重さがあり

金の重さがバングルの重さで

金の持つ色もバングルの色です。

金は錆びず、バングルも錆びません。

可鍛性や、強度を持つその源が金で

常にバングルは、金と同じ質

全てを持っているのです。

同様に考え[アンタハ・カラナ]は

プラクルティから生まれ

サットヴァ、ラジャス、タマスという質があります。

それらの質が、それぞれ

ある種の願望や表現を生み出します。

生み出された願望や表現は

それぞれの質によって分類されます。

例えば、”与える”にも3種類あり

見返りを期待し、投資するような与え方はタマスから生まれたもの

プライドを保つために与えることは、ラジャスから生まれたもの

為さなければならないので与え

一旦与えるなら、すぐに忘れる様な与え方は

サットヴァから生まれます。

3つの中にはっきりとした区別があります。

欲望にも3種類の表現があります。

これらの欲望に駆り立てられ人は、行いをします。

全ての生き物は、行いをし

それから逃れることは出来ません。

誰も、行いをせずにいられません。

ですから、行いの無いこと[ナイシュカルミャ]は

達成することはありません。

ナイシュカルミャは、理解で

”自分が行い手である”という観念から

自由であると知ることです。

こうしてのみ、ナイシュカルミャ

いわゆるモークシャが得られます。

ライフスタイル・サンニャーサを選んだとしても

サルヴァ・カルマ・サンニャーサを得たことにはならず

ある種の義務を免除されただけのことです。

もしラーガ・ドヴェーシャがあるなら

あなたはカルマ・ヨーギーになった方がいいでしょう。

しかし、考え深くかつ自己の知識の追求以外

何も興味がないのであれば

あなたにはサンニャーサが合っています。

これは、あなたが意義ある生き方をしてきて

今サンニャーサの準備が出来ていることを意味しています。

その時にだけ、サンニャーシーになるべきです。

関連記事