2021-05-15

【ギーター】第2章71番目の詩②

2021/05/15

विहाय कामान् यः सर्वान् पुमांश्चरति निस्पृहः ।

vihāya kāmān yaḥ sarvān pumāṃścarati nispṛhaḥ |

निर्ममो निरहङ्कारः स शान्तिमधिगच्छति ॥२.७१॥

nirmamo nirahaṅkāraḥ sa śāntimadhigacchati ||2.71||

全ての束縛ある欲求を手放し、切望から自由で

私、私の物、という感覚から自由で

動き回るその人はシャーンティを得ます[71]

私達は、欲求の抑圧で動き回るかもしれませんが、賢者は、その様な束縛、抑圧のある欲求から自由です。



活動的な賢者がいたとしても、活動がその人の智慧を変えたりしません。

行い手である、体験者である、という「私」という観念は無いのですから。

変化がなく、シャーンティだけが残ります。



世界が賢者に入る時も、何かをしたとしても、その人が、体験者や行い手になったりしません。

土の中に、ポットらしさが無い様に、質のないわたしの中に、行い手や体験者はありません。

体験者、行い手、両方が賢者によって否定されました。

体験者や行い手は、まるであり、本質的にそれはありません。

これがバーディタと言います。

知識があり、「わたし」に集約される、行い手や体験者というリアリティが否定されます。



クリシュナはアルジュナに話し、シャンカラは解説を書き、行いをする人(行い手)でしたが、自分自身を行いをする人であるとは見てはいません。

賢者にとっての行い手は、しているだけで「私は行い手」という観念はありません。

スティタ・プラッニャはブランマンであり続けます。

関連記事