2021-05-30

バガヴァッド・ギーター第1章③

2021-05-29

29~34番目の詩でアルジュナの嘆き悲しみ[ショーカ]を私達は見ます。

कृपया परयाविष्टो विषीदन्निदमब्रवीत्।

अर्जुन उवाच।

दृष्ट्वेमं स्वजनं कृष्ण युयुत्सुं समुपस्थितम्॥२८॥

深い思いやりの気持ちにのみこまれ、悲痛の思いに堪えず

アルジュナは言いました。

クリシュナよ、戦闘配置につき、血縁の人々が敵意を燃やすのを見ると(28)

सीदन्ति मम गात्राणि मुखं च परिशुष्यति।

वेपथुश्च शरीरे मे रोमहर्षश्च जायते॥२९॥

手足は力を失い、口はカラカラに渇き

体が震え、髪の毛は逆立ち(29)

गाण्डीवं स्रंसते हस्तात् त्वक् चैव परिदह्यते।

न च शक्नोम्यवस्थातुं भ्रमतीव च मे मनः॥३०॥

弓[ガーンディーヴァ]は手から滑り落ち、皮膚は燃え

立つことが出来ず、考えは完全に混乱しています。(30)

निमित्तानि च पश्यामि विपरीतानि केशव।

न च श्रेयोऽनुपश्यामि हत्वा स्वजनमाहवे॥३१॥

ケーシャヴァよ、この戦いで身内を殺すことで、不吉な前兆を見ますし

何1つ良い兆しを見ません。(31)

न काङ्‍क्षे विजयं कृष्ण न च राज्यं सुखानि च।

किं नो राज्येन गोविन्द किं भोगैर्जीवितेन वा॥३२॥

クリシュナよ、私は勝利も王国も、快適な暮らしなど欲しくはない。

ゴーヴィンダよ、王国によっていったい何の益があり

生きることでどんな満足があるというのか?(32)

येषामर्थे काङ्‍क्षितं नो राज्यं भोगाः सुखानि च।

त इमेऽवस्थिता युद्धे प्राणांस्त्यक्त्वा धनानि च॥३३॥

これらの人々の為に、王権と領土、喜び、希望を望んでいるのに

その同じ人々が、命も富も捨ててこの戦いに集まっている(33)

आचार्याः पितरः पुत्रास्तथैव च पितामहाः।

मातुलाः श्वशुराः पौत्राः श्यालाः सम्बन्धिनस्तथा॥३४॥

師匠、父方の叔父さん、息子、お爺さん

母方の叔父さん、義理の父、孫、義理の兄弟、他の親戚縁者、友人(34)

35~47番目の詩でアルジュナの妄想[モーハ]を私達は見ます。

एतान्न हन्तुमिच्छामि घ्नतोऽपि मधुसूदन।

अपि त्रैलोक्यराज्यस्य हेतोः किं नु महीकृते॥३५॥

マドゥスーダナ(妖怪マドゥを滅ぼした者)よ、例え彼らが私を殺そうとも、私は彼らを殺したくない。

三界の王者の目的であっても、ましてや、この地上の王国の為に(35)

निहत्य धार्तराष्ट्रान्नः का प्रीतिः स्याज्जनार्दन।

पापमेवाश्रयेदस्मान् हत्वैतानाततायिनः॥३६॥

道を外れた者を折檻する者、クリシュナよ。ダルタラーシュタラの息子を滅ぼし、どんな満足を得るというのか?

悪事を働く者を破壊し、私達にはただパーパが引き起こされる。(36)

तस्मान्नार्हा वयं हन्तुं धार्तराष्ट्रान् स्वबान्धवान्।

स्वजनं हि कथं हत्वा सुखिनः स्याम माधव॥३७॥

故に私達は、ドゥルタラーシュタラの息子、つまり身内を殺す資格はない。

クリシュナよ、実際身内を殺し、どの様に幸せになれるというのか?(37)

यद्यप्येते न पश्यन्ति लोभोपहतचेतसः।

कुलक्षयकृतं दोषं मित्राद्रोहे च पातकम्॥३८॥

貪欲によって、考えが破壊されてしまった人々は

身内を破壊し、友人を裏切ることでの罪を理解しない。(38)

कथं न ज्ञेयमस्माभिः पापादस्मान्निवर्तितुम्।

कुलक्षयकृतं दोषं प्रपश्यद्भिर्जनार्दन॥३९॥

しかしクリシュナ、この罪から身を引く為に、つまり一族の破壊から生まれる罪を

はっきりと理解する私達が、どうして、それを考慮せずにいられるでしょうか?(39)

कुलक्षये प्रणश्यन्ति कुलधर्माः सनातनाः ।

धर्मे नष्टे कुलं कृत्स्नम् अधर्मोऽभिभवत्युत ॥४०॥

一族が破壊される時、先祖代々続いてきたダルマは死に絶える。

ダルマが失われた時、アダルマが家系全体を支配するのではないでしょうか?(40)

अधर्माभिभवात् कृष्ण प्रदुष्यन्ति कुलस्त्रियः।

स्त्रीषु दुष्टासु वार्ष्णेय जायते वर्णसङ्करः॥४१॥

クリシュナよ、アダルマの増長により、一族の女性たちは、相応しくない道に陥ります。

ヴァールシュネーヤよ、女性たちが堕落したらヴァルナの混乱が生まれます。(41)

相応しくない道に陥る[प्रदुष्यन्ति]家族で守ってきたことが守られなくなる

सङ्करो नरकायैव कुलघ्नानां कुलस्य च।

पतन्ति पितरो ह्येषां लुप्तपिण्डोदकक्रियाः॥४२॥

混乱はまさに、家族と家族の破壊者を地獄だけに導きます。

先祖は供養(水、お団子を捧げる)の儀式を受けられず確かに地獄に落ちるでしょう。(42)

दोषैरेतैः कुलघ्नानां वर्णसङ्करकारकैः ।

उत्साद्यन्ते जातिधर्माः कुलधर्माश्च शाश्वताः ॥४३॥

家族の伝統を壊す者の悪行、ヴァルナダルマに混乱を作り出すことで

絶え間なく続いてきた社会のグループ、家族に維持されてきたダルマは破壊されます。(43

◎4つのヴァルナ(家系)

・ブラーフマナ

・クシャットリヤ

・ヴァイシャ

・シュードラ

◎4つのアーシュラマ

・ブランマチャーリャ(学生期)

・グラハスタ(家族人としての生き方)

・ヴァナプラスタ(隠居生活の準備)

・サンニャーサ(人生のゴールを果たすための生き方)

ヴェーダの文化では、宇宙から与えられた義務を果たすことにより、精神的に成長することが目的でした。

どの職に就いているかではなく、社会に貢献できているか、精神的に成長できているか、が重要でした。

職業や結婚は、基本的には同じヴァルナの中で決まる、というのが原則ですが、時にはイレギュラーもあり、イレギュラーな例はマハーバーラタでも多々見受けられます。

自分に与えられた義務[スヴァ・ダルマस्वधर्म]を果たすことで、社会全体が機能し「お互い様」で成り立っていました。

義務を放棄し、他の仕事に就くことは、他人のするべき仕事[パラ・ダルマपरधर्म]を奪うことになるので、推奨されず、個人や全体の不安や恐怖を招くもの[भय-आवह]と教えられています。

उत्सन्नकुलधर्माणां मनुष्यानां जनार्दन।

नरके नियतं वासो भवतीत्यनुशुश्रुम॥४४॥

ジャナールダナ(クリシュナ)よ。家系のダルマを破壊した者たちは

例外なく地獄での暮らしがあると私たちは聞きました(44)

अहो बत महत्पापं कर्तुं व्यवसिता वयम् ।

यद्राज्यसुखलोभेन हन्तुं स्वजनमुद्यताः ॥४५॥

ああ、何てことだ!身内を滅ぼす準備が整った。

王国と栄華を浴するあまり、大きな罪を犯そうと決めている(45)

[अहो बत]ああ何てことだ!

यदि मामप्रतीकारमशस्त्रं शस्त्रपाणयः ।

धार्तराष्ट्रा रणे हन्युस्तन्मे क्षेमतरं भवेत् ॥४६॥

武器を外し抵抗せずにいる私を

ダルタラーシュタラの息子達が武器を手にし、殺すなら、それは私にとってむしろ良いことだ(46)

सञ्जयः उवाच ।

एवमुक्‍त्वार्जुनः सङ्‍ख्ये रथोपस्थ उपाविशत् ।

विसृज्य सशरं चापं शोकसंविग्नमानसः ॥४७॥

サンジャヤが言いました。

戦場の真只中で、アルジュナはこの様に言い、弓も矢もその場に置き

心は悲しみに打ちひしがれ馬車に坐りこみました(47)

アルジュナは、自分が執着[ラーガ]、悲しみ[ショーカ]、そして妄想[モーハ] の深い海に居ることを理解し、⼼底この問題から逃れたいと思い、それには戦いを辞める事だと思いました。

しかし、これに納得しない考えも⽚隅にありました。

同時にアルジュナはこの問題が、自分自身で解決するには、深すぎることに気づかず、クリシュナに明け渡すこともしませんでした。

ジレンマに捉えられ、アルジュナは悲しみに打ちひしがれて⾺車に座り込みました。

ओं तत् सद् इति श्रीमद्भगवद्गीतासूपनिषत्सु ब्रह्मविद्यायां योगशास्त्रे श्रीकृष्णार्जुनसंवादेऽर्जुनविषादयोगो नाम प्रथमोऽध्यायः ॥

こうして、クリシュナとアルジュナの対話、ウパニシャッドと同等である、ブランマンの知識

それを得る手段の教え[ヨーガシャーストラ]、バガヴァッドギーターの「アルジュナの悲しみ」第1章が終わります。

関連記事