千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第6章04番目の詩

2021-07-01

यदा हि नेन्द्रियार्थेषु न कर्मस्वनुषज्जते ।

yadā hi nendriyārtheṣu na karmasvanuṣajjate |

सर्वसङ्कल्पसन्न्यासी योगारूढस्तदोच्यते ॥६-४॥ sarvasaṅkalpasannyāsī yogārūḍhastadocyate ||6.4||

感覚の対象物に対し、行いに対し、その人が執着することが無い時 全ての欲望の原因を手放した人であり、自由を得た人と言われます[4]

-

この詩でクリシュナは、行い手であるという観念が当てはまらない人[ヨーガ・アールーダ]について述べています。

その人は満たされていて、感覚の対象物や、行いの結果に全く執着しないので、聖典に規定されている行い、世俗的な行いにも「私がしなければならないという考え[カルタッヴャ・ブッディ]はありません。

ヴェーダで推奨されるカルマ[ヴァイディカ・カルマ]

毎日しなければならない行い[ニッテャ・カルマ] 四季折々にしなければならない行い[ナイミッティカ・カルマ] 子供や、健康、富、天国など、ある願望を満たす行い[カームミャ・カルマ] 聖典で禁止されている行い[プラティシッダ・カルマ] - 一方カルマ・ヨーギーは、しなければならないことをする、という考えがあります。

「私は行い手である」と見なしている人が反応し、「自分は行い手では無い」と思っている人は全く反応しないのです[カルマス ナ アヌシャッジャテー]。

サンカルパとは「私は行い手[カルター]である」、「私は体験者[ボークター]である」という観念を表わしています。

感覚の対象や、行いの結果に執着しない人は、サルヴァ・ サンカルパ・サンニャーシーです。

サルヴァ・ サンカルパ・サンニャーシーは、行い手や、体験者の観念を持ちません。

「これがなされねばならない」「これが得られなければならない」「あんな風になろう」「世界を自由にしよう」「世界を救おう」等、ファンシーで、大袈裟な考えは、自己についての間違った観念です。

行い手であるという観念[カルトゥル・トヴァ]を持たない時、その人はサルヴァ・サンカルパ・サンニャーシーです。

カルトゥル・トヴァがあればカルマ・ヨーギーです。

カルトゥル・トヴァがあるところには欲望[カーマ]があり、カーマがあれば常に行い[カルマ]があり、これがヨーガに変更されるべき行いです。

カルトゥル・トヴァがなくなれば、成し遂げるべきものは無いので、全ての行いはプラーラブダに従ったものだけになります。

故にクリシュナは、たとえ行いに携わるとしても、あらゆる世界で、未だ達成されていないもの、達成されるべきことなど何もないと述べているのです。

カルマそのものに、縛り付ける様な性質は無く、私を行いに縛り付けているのは「重要な人になろう」「行いをして何かを達成しよう」という観念、それらは、幻想であり、サンカルパです。

あらゆるサンカルパを持たない人が、サルヴァ・サンカルパ・サンニャーシーと呼ばれます。

サルヴァ・サンカルパ・サンニャーシーは「なろう」という理想ではなく、理解されるべきものです。

理解した人がヨーガ・アールーダ、つまりニャーニーなのです。

クリシュナは、サルヴァ・カルマ・サンニャーサのことを、この詩で述べています。

行いを駆り立てる欲望を手放さない限り、全ての行いを手放すことなど出来ません。

そして「私は全体である」と知らない限り、欲望を手放すことなど出来ません。

このことを知り、行い手であるという観念は去り、全ての欲望を手放すことが出来るのです。

欲望、執着、行いを手放すことは、ただ自己[アートマー]が全体である、ということを理解することに他なりません。