千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】Introduction⑦

2021-07-17

信じている人と、信じていない人

英語では「theist神を信じる人」「eithist無神論者」と言いますが、ヴァイディカ・ダルマは単に神を信じるか、信じないかということでは無く、ヴェーダを信じる人も、特有の神を全く信じないかもしれません。

その様な人は創造主[イーシュワラ]を全く受け入れず、ヴェーダを解釈します。

ヴェーダをプラマーナとして受け入れ、信じる人[アースティカ]でも、神を1人の人であるとは信じていません。

アースティカは、ヴェーダをプラマーナとして信じる人、ナースティカはそうでない人です。

この定義で見るなら、宗教ではあるけれども、ヴェーダをプラマーナとして受け入れていない人[ナースティカ]は多くいます。

例えば、ブッダの従者達はナースティカですが、宗教的で無い、と見るわけにはいかず、独自の方法で宗教的な人々です。

同様にマハーヴィラの従者、ジャイナ教の人々もナースティカです。

ところが、サーンキャ哲学のカピラや、その従者はアースティカで、ヴァイディカで、イーシュワラを受け入れませんが、ヴェーダをプラマーナとして受け入れています。

イーシュワラを受け入れてなくても、ヴェーダの仕来りや儀式を受け入れるならアースティカです。

ブッディストやジャイナ教徒は、ナースティカではありますが、カルマを信じています。

死後の世界と生まれ変わりを信じているし、多くの生まれ変わりの後得られるニルヴァーナという自由、モークシャがあると信じています。

それが彼らの信念であり、それを支持する独自の道理があるのです。

モークシャがゴールとして見えたなら、プラヴルッティ・マールガとニヴルッティ・マールガという2つのコミットした生き方が正しく理解されなければなりません。

その2つは、ヴェーダやギーターの中で、ギーター幕開けのシャンカラの解説でもはっきりと述べられています。

「知識の道具」を働かせること

目が見えるかを証明する為に、目を開けなければならなかった例え話の人の様に、ヴェーダーンタが「知識の道具」であるかの唯一の証明は、それが「知識の道具」として働くことを許すことです。

言葉が、私にその不思議な力を起こすことを許すことです。 言葉は、無知を取り除くので、知識を明かすことが出来ます。

間接的な知識を生み出すだけで無く、直接的な知識を与えることが出来るのです。

言葉が、私自身から離れたものを扱う時、その知識は間接で、身近な物を扱う時、知識は直接です。

ヴェーダが天国を話す時、それは明らかに間接の知識で、信じることに過ぎません。

どの言い伝えの中にも、それぞれ独自の天国の描写があり、私達はその描写から天国を理解します。

私が手にみかんを持っているとして、みかんが果物だということをあなたは知らないとします。

私は「これがみかんです」と言い、あなたは今、これがみかんだと知ります。

私はどんな味がするかを言いますが、それでは十分では無く、あなたは実際にそれを味わう必要があり、また他のみかんの味を知らなければなりません。

そうして初めて、みかんについて多少知ることになります。

みかんを知らないあなたが、みかんを嗅いで、皮を剥き、食べる。

そこで私が「これがみかんです」と言います。

この知識が「直接の知識」、「直の知識」です。

私は「あなたはいますか?いませんか?」と尋ね、あなたは「私はいます」と答えるでしょうから、「では、あなたは誰ですか?」と私は尋ねます。

この質問の多く答えは「私は安全ではない人」ですが、私は「あなたは安全です」と言います。

それだけでなく私はこれを教えるための方法論を知っています。

1つ1つのステップを論理的に踏み、「だからあなたは安全です」と言います。

その知識は「間接の知識」ではなく「直の知識」です。

ヴェーダーンタは、知識の道具[プラマーナ]ですから、知識の道具として、あなた自身をさらけ出すしか(使ってみるしか)方法はありません。

ヴェーダーンタが何を言っているか、正確に理解する必要があり、疑問があるなら、分かる為に努力をします。

ヴェーダーンタの言うことが理解出来ないなら、どう理解できないか見る必要があるし、理屈に合わない点を確かめるなら、おそらくそれは、私の理解では受け入れられず、ヴェーダーンタで言われていることが道理です。

そうであれば、私は自分の理解を再認識し、それを修正し続け、それによってヴェーダーンタが何を言わんとするのかを見ます。

体の中に授かる知識の道具[プラマーナ]

    五感

1. プラッティヤクシャ(五感)

2.サークシー・プラッティヤクシャ(空腹感etc)

    推論(五感から得たデータが元)

1.アヌマーナ(推理)

2.アルターパッティ(推測)

3.ウパマーナ(例え話)

4.アヌパラブディ(無いことを知る)

体の外の知識の道具[プラマーナ]

    言葉 1.パウルシェーヤ(人間の考え)

・五感Base「昨日〇〇に会いました」

・推論Base「顔色が悪かったら体調悪そう」

・アパウルシェーヤBase「バガヴァッド・ギーターなど(スムルティ)」

2.アパウルシェーヤ(人間の考えではない) ・ 独立したプラマーナ ヴェーダ(シュルティ)