2017-10-07

【ギーター】第2章5~8番目の詩

2017/10/07

गुरूनहत्वा हि महानुभावान् श्रेयो भोक्तुं भैक्ष्यमपीह लोके।

gurūn ahatvā hi mahānubhāvān śreyo bhoktuṃ bhaikṣyam api iha loke |

हत्वार्थकामांस्तु गुरूनिहैव भुञ्जीय भोगान् रुधिरप्रदिग्धान् ॥२.५॥

hatvā artha kāmān tu gurūn iha eva bhuñjīya bhogān rudhirapradigdhān ||2.5||

偉大な師を殺すくらいなら

この世界で物乞いになった方がよい

もし 彼らを殺すなら

この世界で体験する安全や喜びは

血で染まったものとなりましょう[2-5]

バイクシャは、他者から食べ物を集めることです。

アルジュナは、戦争で戦うより

施しを集めて生きる

ライフスタイルに向かっていました。

学生[ブランマチャーリー]と

放棄した人[サンニャーシー]が

ビクシャー[施し物]をもらう事が出来ます。

サードゥ[sādhu]スワーミ[svāmi]

も隠退した人です。

アルジュナがギーターの中で

何度も尋ねた唯一の質問です。

18章でも、言い方を替え

「テャーガとサンニャーサの違いは何か?」

と尋ねます。

アルジュナは、サンニャーシーに

心惹かれていることを打ち明けました。

न चैतद्विद्मः कतरन्नो गरीयो यद्वा जयेम यदि वा नो जयेयुः ।

na ca etat vigmaḥ katarat naḥ garīyaḥ yad vā jayema yadi vā naḥ jayeyuḥ |

यानेव हत्वा न जिजीविषामस्तेऽवस्थिताः प्रमुखे धार्तराष्ट्राः ॥२.६॥

yān eva hatvā na jijīviṣāmas te avasthitāḥ pramukhe dhārtarāṣṭrāḥ ||2.6||

敵を滅ぼすか、滅ぼされるか

どちらが良いのか分かりません

目の前のドゥルタラーシュトラの息子達を滅ぼし

生きていたくないです[2-6]

アルジュナは親類縁者を滅ぼしてまで

生きたくないと言い

この戦いを「勝利がない」状況と呼び

興味を示しませんでした。

しかしクリシュナは、間違っていると言います。

कार्पण्यदोषोपहतस्वभावः पृच्छामि त्वां धर्मसम्मूढचेताः ।

kārpaṇyadoṣopahatasvabhāvaḥ pṛcchāmi tvāṃ dharmasammūḍhacetāḥ |

यच्छ्रेयः स्यान्निश्चितं ब्रूहि तन्मे शिष्यस्तेऽहं शाधि मां त्वां प्रपन्नम् ॥२.७॥

yat śreyaḥ syāt niścitaṃ brūhi tat me śiṣyas te ahaṃ śādhi māṃ tvāṃ prapannam ||2.7||

自分の義務に迷い

心の弱さゆえに打ちのめされました

どちらが確かに良いことか

あなたを拠り所とする私に教えを下さい

私はあなたの生徒です[2-7]

アルジュナは、自分を

欲深さに滅ぼされている[カールパンニャ]と見ました。

ブルハダーランニャコーパニシャドでは

ケチな人[クルパナ]は、わたしの知識を

知らずにこの世を去る人を

ケチな人と描写します。

人間の宝物は、外的な財産以上のものです。

何が真実で、何が真実でないか

何が正しくて、何が間違っているか

これらを識別すること[ヴィヴェーカ]です。

しかし「何が正しくて、間違っているか」

その事自体が問題になった時

その混乱している考えの人では

解決が出来ません。

アルジュナは、何が正しいか、間違っているか

それを判断するために

ダルマとアダルマ以上のことを

知らなければならないと悟ったのです。

「私はシッシャです」と言い

全人類にとって良いこと[シュレーヤス]を求めるなら

そのシュレーヤスの意味はたった1つ

モークシャです。

アルジュナは、解決できない悲しみこそが

人間の問題に他ならないと思い

戦いを続けることが出来ませんでした。

この様な状況に至る時

考えは自分自身に戻ります。

この時に「教え」が必要なのです。

「教え」がなければ

人は浮浪者になってしまいます。

アルジュナは自らを委ねました。

「生徒」を指す3つの言葉

・विद्यार्थि[ヴィッデャールティ]殆どクラスに参加しないタイプの生徒

・अन्तेवासी[アンテヴァーシー]先生と一緒に暮らすが、教えられていることが掴めないかもしれない生徒

・शिष्य[シッシャ]真に勉強する能力を持った人、教えを受けるにふさわしい生徒

न हि प्रपश्यामि ममापनुद्याद् यच्छोकमुच्छोषणमिन्द्रियाणाम् ।

na hi prapaśyāmi mama apanudyād yat śokam ucchoṣaṇam indriyāṇām |

अवाप्य भूमावसपत्नमृद्धं राज्यं सुराणामपि चाधिपत्यम् ॥२.८॥

avāpya bhūmau asapatnam ṛddhaṃ rājyaṃ surāṇām api ādhipatyam||2.8||

たとえ無敵の王国を持ち

天界の神々の統括者に君臨しても

感覚も枯れ朽ちる

この悲しみを取り除くことはできない[2-8]

寂しい人が寂しくなり

嫉妬の人が嫉妬し

悲しい人が悲しくなります。

これらの感情は、既に根底に

「問題がある」ことを示しています。

根底の悲しみは、時々現れます。

現われてない時は、いつも隠れたままあります。

悲しみの現れる合間に、喜びがあります。

悲しみとは、その人と同一のもののようです。

アルジュナは、無敵の王国を手に入れる事ですら

この悲しみを和らげないと言いました。

関連記事