2018-01-19

【ギーター】第2章16番目の詩②

2018/01/13

नासतो विद्यते भावो नाभावो विद्यते सतः ।

nāsato vidyate bhāvo nābhāvo vidyate sataḥ |

उभयोरपि दृष्टोऽन्तस्त्वनयोस्तत्त्वदर्शिभिः ॥२.१६॥

ubhayor api dṛṣṭo antas tu anayos tattvadarśibhiḥ ||2.16||

存在のないもの[アサット]はどんな存在もなく

存在[サット]は存在がないことなどない

これら2つの真実が、真実を見る人によって

まさに知られている[2-16]

壺が壊れ、壺の認識も無くなってしまう時

ある認識[サット・ブッディ]も無くなりますか?

壺が壊れても、名前や形[ナーマ・ルーパ]は

無くなりますが、サット・ブッディは無くなりません。

壺が無くなっても、植木があります。

ただ属性だけが変わりました。

サット・ブッディは、壺に形容されていましたが

今は、植木に形容されています。

人間の角は、存在しないもの[トゥッチャ]でした。

「人間の角がある」は間違いで

「人間の角がない」が正しいです。

無いがあるのですから

サット・ブッディはどんな風にも変化しません。

サット・ブッディ、つまりアートマーであるサットは

熟睡中もそこにあります。

それが、私達が睡眠を体験したい理由です。

サット・ブッディは、夢の中にもあります。

このリアリティの秩序が違う

サット・ブッディとアサット・ブッディが

どの様にして組み合わせがあり得るのでしょう?

何も問題なく結びつく事ができます。

壺など形容される名詞がない時も

例えば、砂漠の蜃気楼で、水があろうとなかろうと

水があると想像するだけで

「水がある」と言います。

また1本のロープに投影された間違いの蛇にも

本物のロープにも、どんな物にも

サット・ブッディがアサット・ブッディを支えています。

サット・ブッディの対象物は

アートマーで、サットを装っています。

つまり、無い[アバーヴァ]は有りません。

サタハ アバーヴァハ ナ ヴィッデャテー

これに基づき、体[デーハ]を見るなら

体[デーハ]はアサットです。

悲しみの原因はありません。

「考えがある」と言う時

あるが、意識[アートマー]です。

考えは、意識の付帯的なもの

考えは名前と形[ナーマルーパ]であり

外側に対象を持つ考えは、知覚と呼ばれます。

知覚の範囲を超えるなら

それは推理、イマジネーション、または記憶です。

それが何であれ、考えがあります。

名前と形に条件付けされた意識に他ならないのです。

ナーマルーパがないのであれば

「ある」のは、変わらず意識

本質[サット]と、本質でない[アサット]

これら両方の本質的な在り方が

サットはサットとして

アサットはアサットとして

真実を知る人々によって見られています。

真実[タットヴァ]という言葉の

タットとは、全ての名前

全てとはブランマンです。

その名前をタットとし、その在り方がタットヴァ

つまり、ブランマンの在り方そのものです。

関連記事