2018-02-24

【ギーター】第2章18番目の詩①

2018/02/24

अविनाशि तु तद्विद्धि येन सर्वमिदं ततम् ।

avināśi tu tadviddhi yena sarvamidaṃ tatam |

विनाशमव्ययस्यास्य न कश्चित्कर्तुमर्हति॥२.१७॥

vināśamavyayasyāsya na kaścitkartumarhati||2.17||

永遠不滅で プラマーナで知られず

体を支える人にとって 

その支える体は終わりあるものである

故にバラタの子孫よ 戦え![2-18]

わたし[アートマー]はイーシュワラを含む

誰も滅ぼす事は出来ないということ

サットヴァストゥが明らかとなりました。

私達は、考えに移る世界を「本当の事」と見ますが

よく見るならその認識は

3つのレヴェルのリアリティーからなる認識です。

◎3つのリアリティー

1.主観的なリアリティー[プラティバーシカ]

2.客観的なリアリティー[ヴャヴァハーリカ]

3.これらを支えるリアリティー[パラマールティカ]

サットとアサットの間には

関わり[ヴャヴァハーリカ]がありません。

土であるサットと、器であるアサットの間に

関わりがない様に。

そこには、ただ土があります

つまり存在[サット]があるだけです。

あなたが「これは体です」と言う時

正確に言うとそれは何ですか?

骨格ですか?皮膚ですか?

肉ですか?血液ですか?

細胞ですか?DNAですか?

体と呼べるものは1つもありません。

それら全てのものが、合わさったものが体です。

また別の方法で見るなら

鉱物やカルシウムやリンに他なりません。

それぞれの構成要素が

多くの他のものに頼っているので

肉体はアサットです。

ヴェーダーンタのモデルによれば

5つの要素「空間、風、火、水、土」です。

どの様に肉体を見ようとも、それはアサットです。

この詩で3つの事実が伝えられました。

「肉体は無数で、わたしは1つである」

「わたしに終わりはなく、全ての体の後ろに”在る”ということ」

「滅ぼされ得ないということ」

いつも存在するわたしが、アートマーです。

「すべきことをしなさい、戦いなさい」

クリシュナ神は、と言いました。

アルジュナがすべきことは

この世界の秩序[ダルマ]を守ることでした。

2つの破壊[ナーシャ]があり得ます。

比較上の意味の破壊と、完全な破壊です。

同様に、比較上と完全な永遠があります。

この詩の中で使われている、永遠[ニッテャ]と

破壊されないもの[アナーシー]は

死や時間から絶対的に自由なものを意味しています。

知られる事がないもの[ア・プラメーヤ]という

もう1つ別の形容詞が使われます。

◎知る[プラマー(प्र + मा pra + mā)]

1.知る主体[プラマートゥル(प्रमातृ pramātṛ)]

2.知られる対象[プラメーヤ(प्रमेय prameya)]

3.知る手段[プラマーナ(प्रमान pramāna)]

◎知る手段[プラマーナ]

1.知覚(5つの感覚器官)

①五感[プラッティヤクシャ]

②サークシー・プラッティヤクシャ(空腹感etc)

2.知覚から得たデータが元

①推理[アヌマーナ]

②推測[アルターパッティ]

③例え話[ウパマーナ]

④無いことの理解[アヌーパラブディ]

⑤言葉[シャブダ]

a. 人の思考からの言葉[パウルシェーヤ]

b. 人の思考からではない言葉[アパウルシェーヤ]

プラマーナの条件

1.他のプラマーナと相反してはならない[अबाधितम्]

目の前の器が2つに見えるが、触ったら1つ

視覚と触覚が相反している

視覚プラマーナである視覚の欠陥を

メガネなどで補正する必要がある

2.他のプラマーナとかぶらない [अनधिगतम्]

目は、色・形を明かすもの

耳は、音を明かすもの

それぞれのエリアでそれぞれのプラマーナがある

3.プラマーナを使う人にメリットをもたらす[फलवत्त्वम्]

これは、言葉[シャブダ]・プラマーナの必要条件

聞き手の役に立つ新しい情報を

提供するものであること

どの様な、知られる対象[プラメーヤ]も

永遠ではない[ア・ニッテャ]です。

知られる物は全て、ただ時間と空間の枠の中にあります。

土で出来た器は、わたしに見られる物で

それは、毎秒変化していることを意味します。

それは、決して同じものでありません。

時間は、変化をもたらす要素なのです。

わたしは、知る対象になり得ません。

わたし[アートマー]が知る対象ではないのに

なぜ、わたしを知る為に学ぶのでしょう?

関連記事