2018-03-10

【ギーター】第2章19番目の詩

2018/03/10

य एनं वेत्ति हन्तारं यश्चैनं मन्यते हतम् ।

ya enaṃ vetti hantāraṃ yaścainaṃ manyate hatam |

उभौ तौ न विजानीतो नायं हन्ति न हन्यते ॥२.१९॥

ubhau tau na vijānīto nāyaṃ hanti na hanyate ||2.19||

自分自身を殺す者だと考える人も

殺される物だと考える人も

両者が知らない

自分自身は、殺しも殺されもしない[2-19]

この詩は、カタ・ウパニシャド第1部2章19節から引用されています。

हन्ता चेन्मन्यते हन्तुं हतश्चेन्मन्यते हतम् ।

उभौ तौ ना विजानीतो नायं हन्ति न हन्यते॥१-२-१९॥

「シュルティは、知識の道具[プラマーナ]で

それは証言と同じ意味を持ちます。

バガヴァーンクリシュナが、述べてきた事サポートする為

カタ・ウパニシャドから2つの詩を取り上げます。」

この様に述べ、シャンカラはこの詩の解説をはじめます。

ある世代から次の世代へと

聞いて受け継がれたもの

それがシュルティ[श्रुति]と呼ばれ

誰からの考えに生まれたものが

スムルティ[स्मृति]と呼ばれます。

クリシュナはカタ・ウパニシャドの詩を引用し

自分自分は、誰かを傷つけ、滅ぼすという

行いの主体でもなければ

誰かに、傷つけられる行いの対象でもない。

イーシュワラですらわたしを滅ぼすことが出来ない。

完全に、行いと結果から自由な存在

それが本来のわたし[アートマー]だと教えます。

知識により、全ての行い[カルマ]を手放した人は

どんな行いもしません。

人の持つ「私は行いをする人」という観念は

賢者とてあります。

賢者、知識を得た行い手は、行いをしますが

私は行い手[カルター]ではない

その事を知る人です。

クリシュナが話していようと

ヴャーサが書いていようと

シャンカラが解説していようと

知識を得た人が何をしようとも

そこには行い手[カルター]がいます。

しかし、自分をカルターとして見ていない人

知識を得たカルターがいます。

私は行い手という観念、エゴ[アハンカーラ]は

恐れる様なものではなく

すべき事は、わたし[アートマー]を行いをする人

としてしまう、無知を取り除く事だけです。

私自身は世界に影響される者です

この世界は、私には余りにも耐えがたい

と考える人は、わたしを理解していません。

世界はあなたにとって耐えがたい事はありません。

世界はあなたであり

そして、あなたは世界から自由です。

シャンカラが解説した10のウパニシャド

①イーシャ・バーシャー・ウパニシャド

②ケーナ・ウパニシャド

③カタ・ウパニシャド

④ムンダカ・ウパニシャド

⑤マーンドゥキャ・ウパニシャド

⑥タイティーリヤ・ウパニシャド

⑦チャーンドギャ・ウパニシャド

⑧ブルハダーランヤカ・ウパニシャド

⑨プラシナ・ウパニシャド

⑩アイタレーヤ・ウパニシャド

関連記事