2019-01-07

2019/1/5ギーター第2章勉強会㉚

ナマステー。

千葉市中央区のヨガ教室 ギーターヨーガ主宰ヤムナーです^^

1/5の勉強会では、第2章39番目の詩を読み進めていきました。

एषा 1/1 ते 4/1 अभिहिता 1/1 साङ्ख्ये 7/1 बुद्धिः 1/1 योगे 7/1 तु 0 इमम् 2/1 शृणु II/1।

बुद्ध्या 3/1 युक्तः 1/1 यया 3/1 पार्थ 8/1 कर्मबन्धम् 2/1 प्रहास्यसि II/1 ॥२.३९॥

自分とは何かの知識が話されてきました。プルターの息子よ!今ヨーガの知識も聞きなさい。

それをあなたが授かる事で、あなたは行いの束縛を取り除くでしょう。[39]

ギーターシャーストラは、カルマやニャーナについて話しているのか、

あるいはその2つの統合について話しているのかという論争がシャンカラの時代にもあったので、シャンカラはこの要点を徹底的に扱います。

カルマヨーガは間接的な手段(道具)であって、知識を得る為の直接の道具ではありません。

どの様な修業や鍛錬も役に立ち、ヨーガと呼ばれます。

この整理された落ち着きが、知識を受けとる事が出来る考えとして必要なので、バーシャカーラ(シャンカラ)は、カルマヨーガはモークシャの為の間接的な手段であると言います。

そしてモークシャの為の直接的な手段が知識です。

知識は無知を取り除きます。

悲しみは何処か(天国)に辿り着く事、あれこれを得る事で取り除かれる、という考えはモーハ・妄想です。

アートマー、真実の知識はこれらの無知を取り除きます。

更にモークシャ・シャーストラは、カルマヨーガとサンニャーサという2つのライフスタイルを示し、両方がモークシャの為だけにあると説きます。

自分自身を清らかにする為のカルマがカルマヨーガです。

その人は見極める力、ヴィヴェーカを持ちます。

モークシャを得る為に人は、ある種の調った考えが必要で、その考えを得る為に人は、ある心構えによってカルマを果たします。

その心構えが行いをヨーガに変えるのです。

単にカルマを果たすことがヨーガではありません。

次回の勉強会は1月19日(土)11:20~12:50です。
最後までありがとうございました!

関連記事