2019-03-02

【ギーター】第2章41番目の詩②

2019/03/02

व्यवसायात्मिका बुद्धिरेकेह कुरुनन्दन ।

vyavasāyātmikā buddhirekeha kurunandana |

बहुशाखा ह्यनन्ताश्च बुद्धयोऽव्यवसायिनाम् ॥२.४१॥

bahuśākhā hyanantāśca buddhayo’vyavasāyinām ||2.41||

クル一族の子孫よ!これ(モークシャ)に関し

1つのハッキリと確かめられた理解があります

見極める努力が不足している者の観念は

多くに枝分かれし、全く数えきれません[2-41]

戦場でアルジュナはムムクシュになりました。

アルジュナはダルマの人生を生きてきましたが

それは完全なカルマヨーガではなく、彼は大望を抱いていました。

武器の為だけにシヴァ神と戦い

祝福の形、ミサイル欲しさにシヴァ神を崇拝しました。

それは全て個人的な栄光の為でした。

アルジュナは倫理的な人生、ダルマを生きながら

これらの個人的な栄光を道理にかなった方法で追求しました。

人は道理にかなった方法で、お金、権力、天国などを熱望出来ます。

単に道徳的な人生を生きる事がカルマヨーガではありません。

人は様々なカルマを行い、道徳的に生計を立てます。

健全な仕事をし、個人の倫理に従う事は

その人の生き方が適切である事を意味しますが

その様な人が、必ずしもムムクシュだとは限りません。

真実と真実でないものを既に見極めた

[ニッテャ・アニッテャ・ヴァストゥ・ヴィヴェーカ]で人であるとは限りません。

ニッテャとは永遠であり、いつもあるものを意味し

アニッテャとは束の間の永遠でないものです。

「永遠を求めている」というのは知識であり

悟らせる為に十分な経験をしてきた後、やがて得るものです。

経験や、体験は来ては去るもので、そこで起こる事は

私は体験を漁り、永久に探し求める人になるだけ、と言う事が分かります。

ある体験を卒業し、新しい体験を求める

あるいは体験を繰り返す事を望むかのどちらかです。

体験はアニッテャで、あらゆるカルマの結果はいつもアニッテャです。

人生の経験に対する冷静さを発見した人がムムクシュと呼ばれ

サンニャーサの人生、あるいはカルマヨーガ

どちらかの人生を始める事が出来る人です。

このライフスタイルを始める人は、疑いのない[ニシュチャヤ]

本質[スヴァバーバ]の為に、唯一[エーカー]の考えを持つムムクシュです。

決心と、知ることへの明晰さがあります。

花が本物か、造花なのかを知りたい時

明晰さ[ニシュチャヤートミカー・ブッディ]がありますが

それは生花ではなく造花ですよと

誰かが言う時に起こるのがが疑いです。

プラマーナである手や鼻を使い

触ったり、嗅いだりしして本物かどうかを確かめます。

それが、本物と分かったらニシュチャヤートミカー・ブッディを持ちます。

この例え話から、ニシュチャヤとは

決心ではなく、明晰さである事が理解出来ます。

その花が造花であるかどうかをを知る事に

どんな決断や決心がありますか?

決断とは、何か全く異なることです。

何かを成し遂げる為に決断や決意をします。

ここでは、人生において成し遂げられるべきこと

それに関する明晰な知識が、ニシュチャヤートミカー・ブッディによって意味されているものです。

どんなターゲットも、ラクシャと言い

ほのめかされた意味も、ラクシャと言われます。

ここで示されている様々な手段は、明らかにラクシャです。

善をもたらす為にカルマヨーガを選びません。

善をもたらすのは、知識[ニャーナ]である事を熟知し、カルマヨーガを選びます。

カルマヨーガの人生を生きながら、同時に知識を追求する

カルマヨーギーはゴールについての明晰さ[ニシュチャヤ]があります。

アーサナや、プラーナヤーマ、他の様々な鍛錬を行うかもしれませんし

多くの儀式もまた為されるかもしれませんが

たった1つの目的の為だけにそれらをします。

カルマ自体が、知識をもたらさないと知る

カルマヨーギーにとって、この統合、様々な修業や鍛錬の目的も明らかです。

あらゆるカルマも、低い価値であると見たり、無視されませんし

ゴールの為の手段として間違えられたりもしません。

ああらゆる事を試してみたけれども、何も全く役に立たなかった

と、カルマヨーギーは後に不満を言ったりはしません。

あらゆる試みが正しく為されたなら、それは何かしら役に立ちます。

誰かの助けとなることは、別の人の助けにならないという事もまた事実です。

探求[ヴィチャーラ]が必要である知識[ニャーナ]の為に

すべき事をし、それが知識を作り出します。

知識の為に、する必要があることをするのです。

ヴィヴェーカがあるので、考えは唯一です[エーカー ブッディヒ バヴァティ]

と、ここでシャンカラは言います。

しかし、求めるゴール[ラクシャ]が明確でないなら

それは、確かな方向性のない、多くの追求に分散した考え[ブッディ]です。

ヴャヴァサーヤを持たない人々は

見極める力[ヴィヴェーカ・ブッディ]のない人です。

シャーストラの学びを通して、プラマーナから生まれる知識を

明らかに持たず、明晰さがなく、多くの枝葉[バフ・シャーカー]

つまり、数え切れない手段とゴールがあります。

そういった全てがブッディの中にあり

その人は、同時に多くの事をしたがり

結果的には、それらのうちの1つも適切にしません。

そして「時間が足りない」と言うのです。

体は1つしかないので「今はこの仕事をして、これは後にしよう。」

と言えるのは、唯一のブッディを持っている事を意味します。

色んな事をしたくて、どれを最初にしたいのかが明らかでない時

それは、始める事すら出来ません。

この知識、自由を、この人生で求めている事が明らかなら

全てが、結婚でさえもカルマヨーガになります。

実際結婚はヨーガです。

この知識の準備の為、2人はカルマヨーガの人生を共に生きるのです。

関連記事