千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第2章41番目の詩

व्यवसायात्मिका बुद्धिरेकेह कुरुनन्दन ।

vyavasāyātmikā buddhirekeha kurunandana |

बहुशाखा ह्यनन्ताश्च बुद्धयोऽव्यवसायिनाम् ॥२.४१॥

bahuśākhā hyanantāśca buddhayo'vyavasāyinām ||2.41||

クル一族の子孫よ!これ(モークシャ)に関してひとつの明確な理解がある

見極める努力が不足している者の観念は、多くに枝分かれし、全く数えきれない

-

私は既に自由ですから、より良くすることなど出来ません。

私は既にparam-brahmanですから、知識のみが、私を自由にします。

それを得る為に師を探し、知識を求めますが、知識を得るという保障は全くありません。

知識は考えに起こるので、その考えの準備が整っていないかもしれないからです。

成人だからといって、教えを受け取る為の考え[antaḥkaraṇa]の準備が整っているわけではありません。

定まった成熟[viveka]が必要です。

単なる好奇心ではなく、ある種の見極め[viveka]があり、この知識を求めるなら受け取ることができます。

その知識を受けとる為に必要な考えが、karmayogaで完成されます。

祈り深く、思慮深い態度で行いをすることでkarmayogaのライフスタイルを選ぶことができます。

あるいは知識[sāṅkhya]だけを求めた、引退の人生を選ぶことも出来ます。

知識を探求する為に、あらゆる活動を排除しsannyāsaを得るので、sāṅkhyaとsannyāsaは共にあります。

単にsannyāsīになることで悟るわけではなく、sannyāsīも知識を得なければなりません。

同様に、karmayogaだけでは悟れませんから、知識を得なければなりません。

知識が、人を自由にしますから、karmayogaとsannyāsaの人生、どちらも知識が必要です。

その為、yogaで準備された考えを必要とします。

sannyāsīは、サマーディの最終的な段階までアシュターンガ・ヨーガに従うかもしれませんが、アシュタンガヨーガも知識のための行い、antaḥkaraṇa-śuddhiですから、karmayogaに含まれます。

sannyāsīも、考えのむらの無さを得る為のテクニックを使うかも知れません。

◎手段とゴールはひとつ

yavasāyaという言葉は、自分が何を求め、何をすべきか、はっきりとした考え[niścaya]を意味します。

唯一のゴール、mokṣaは知識[jñāna]です。

そのゴールが明確なら、ほぼ達成したようなものです。

私が求めているものは、限られているというセンスからの自由[mokṣa]で、それはただ自分自身の核心で、自分の外側にあるものではないことを見極めています。

私は、既に自由であることを知らなければなりません。

もし、私が束縛されている人なら

決して自由になる事は出来ない

という事を理解しなければなりません。

既に自由なら、私はそれを知るべきです。

私が求めているものは、そういった自由で

それが在るということ

それはニャーナの形をしているのす。

100人の探求者達全員が、何を求めているのかが明らかで

知識の追求に専念するのなら、シュラッダーは皆に共通です。

考えを準備する事に関してだけ、違いがあり得ます。

一旦考えの準備が出来ると、それはあてもなく彷徨いません。

しかし、目的地が定かでなければ

曲がりくねった川の様に、考えはあらゆる所を彷徨います。

ヴャヴァサーヤートミカー・ブッディがないので

何が為されるべきかの優先順位に混乱します。

カルマヨーガであろうと、ニャーナヨーガであろうと

焦点は同じ知識で、知識は異なり得ません。

1+1=2です。

カルマヨーギーは、最初はそう考えていたかもしれませんが

安全や、喜びの為、より良い人になる為

そんな理由からカルマを行ったりしません。

カルマヨーギーはサンニャーシー同様ムムクシュで

モークシャのみに熱望する探求者です。

◎知識の追求には終わりがない

誰も彼もが何らかのゴールを視野に入れ、カルマを行いますが

ゴールは、多くの枝[バフシャーカハ]多くの枝があります。

それぞれの人が、自分自身の道を歩みます。

それらは終わりなく、数限りなく[アナンタ]。

お金を求めても、権力を求めても

その追及には終わりがありません。

喜びも同じです。

何を追求しようとも、追及に終わりが無い事を見るでしょう。

何を求めているかが、明らかでない人々は

とりとめのない考えを持ちます[バフシャーカハ ブッタヤハ]。

数多くのゴールが、多くの手段で成し遂げられるので

手段とゴール、どちらも数に限りが無いのです。

考えが明確でない時、優先順位が常に問題で

何もかもが同じように大切に見えます。

一方、知られるべき事が明らかな人は

エーカーブッディがあります。

ヨーガに関してもエーカーブッディです。

永遠とそうでないものの識別

[ニッテャ・アニッテャ・ヴァストゥ・ヴィヴェーカ]から

カルマヨーガは生まれるのですから。

私達がしなければならない事は

好き嫌い[ラーガ・ドヴェーシャ]を処理する事です。

これらが中和されなければなりません。

その為にカルマヨーガが必要です。

カルマヨーガせず、サンニャーシーになったり

1人で知識を追求しているとしても

ラーガ・ドヴェーシャは処理されなければなりません。

知識の探求そのものががラーガ・ドヴェーシャを

上手く処理する事を助けるかもしれません。

全てのラーガ・ドヴェーシャを処理してから

知識を探求するという事ではなく

あなたは知識を探求し、ラーガ・ドヴェーシャを取り扱います。

これがアルジュナのした事でした。

◎カルマ・ヨーガは、倫理的な人生以上の何かである

戦場でアルジュナはムムクシュになりました。

アルジュナはダルマの人生を生きてきましたが

それは完全なカルマヨーガではなく、彼は大望を抱いていました。

武器の為だけにシヴァ神と戦い

祝福の形、ミサイル欲しさにシヴァ神を崇拝しました。

それは全て個人的な栄光の為でした。

アルジュナは倫理的な人生、ダルマを生きながら

これらの個人的な栄光を道理にかなった方法で追求しました。

人は道理にかなった方法で、お金、権力、天国などを熱望出来ます。

単に道徳的な人生を生きる事がカルマヨーガではありません。

人は様々なカルマを行い、道徳的に生計を立てます。

健全な仕事をし、個人の倫理に従う事は

その人の生き方が適切である事を意味しますが

その様な人が、必ずしもムムクシュとは限りません。

真実と真実でないものを既に見極めた

[ニッテャ・アニッテャ・ヴァストゥ・ヴィヴェーカ]で人であるとは限りません。

ニッテャとは永遠であり、いつもあるものを意味し

アニッテャとは束の間の永遠でないものです。

「永遠を求めている」というのは知識であり

悟らせる為に十分な経験をしてきた後、やがて得るものです。

経験や、体験は来ては去るもので、そこで起こる事は

私は体験を漁り、永久に探し求める人になるだけ、と言う事が分かります。

ある体験を卒業し、新しい体験を求める

あるいは体験を繰り返す事を望むかのどちらかです。

体験はアニッテャで、あらゆるカルマの結果はいつもアニッテャです。

人生の経験に対する冷静さを発見した人がムムクシュと呼ばれ

サンニャーサの人生、あるいはカルマヨーガ

どちらかの人生を始める事が出来る人です。

このライフスタイルを始める人は、疑いのない[ニシュチャヤ]

本質[スヴァバーバ]の為に、唯一[エーカー]の考えを持つムムクシュです。

決心と、知ることへの明晰さがあります。

花が本物か、造花なのかを知りたい時

明晰さ[ニシュチャヤートミカー・ブッディ]がありますが

それは生花ではなく造花ですよと

誰かが言う時に起こるのが疑いです。

プラマーナである手や鼻を使い

触ったり、嗅いだりしして本物かどうかを確かめます。

それが、本物と分かったらニシュチャヤートミカー・ブッディを持ちます。

この例え話から、ニシュチャヤとは

決心ではなく、明晰さである事が理解出来ます。

その花が造花であるかどうかを知る事に

どんな決断や決心がありますか?

決断とは、何か全く異なることです。

何かを成し遂げる為に決断や決意をします。

ここでは、人生において成し遂げられるべきこと

それに関する明晰な知識が

ニシュチャヤ・アートミカー・ブッディによって意味されているものです。

どんなターゲットも、ラクシャと言い

ほのめかされた意味も、ラクシャと言われます。

ここで示されている様々な手段は、明らかにラクシャです。

善をもたらす為にカルマヨーガを選びません。

善をもたらすのは、知識[ニャーナ]である事を熟知し、カルマヨーガを選びます。

カルマヨーガの人生を生きながら、同時に知識を追求する

カルマヨーギーはゴールについての明晰さ[ニシュチャヤ]があります。

アーサナや、プラーナヤーマ、他の様々な鍛錬を行うかもしれませんし

多くの儀式もまた為されるかもしれませんが

たった1つの目的の為だけにそれらをします。

カルマ自体が、知識をもたらさないと知る

カルマヨーギーにとって、この統合、様々な修業や鍛錬の目的も明らかです。

あらゆるカルマも、低い価値であると見たり、無視されませんし

ゴールの為の手段として間違えられたりもしません。

ああらゆる事を試してみたけれども、何も全く役に立たなかった

と、カルマヨーギーは後に不満を言ったりはしません。

あらゆる試みが正しく為されたなら、それは何かしら役に立ちます。

誰かの助けとなることは、別の人の助けにならない

という事もまた事実です。

探求[ヴィチャーラ]が必要である知識[ニャーナ]の為に

すべき事をし、それが知識を作り出します。

知識の為に、する必要があることをするのです。

ヴィヴェーカがあるので、考えは唯一です[エーカー ブッディヒ  バヴァティ]

と、ここでシャンカラは言います。

しかし、求めるゴール[ラクシャ]が明確でないなら

それは、確かな方向性のない、多くの追求に分散した考え[ブッディ]です。

ヴャヴァサーヤを持たない人々は

見極める力[ヴィヴェーカ・ブッディ]のない人です。

シャーストラの学びを通して、プラマーナから生まれる知識を

明らかに持たず、明晰さがなく、多くの枝葉[バフ・シャーカー]

つまり、数え切れない手段とゴールがあります。

そういった全てがブッディの中にあり

その人は、同時に多くの事をしたがり

結果的には、それらのうちの1つも適切にしません。

そして「時間が足りない」と言うのです。

体は1つしかないので「今はこの仕事をして、これは後にしよう。」

と言えるのは、唯一のブッディを持っている事を意味します。

色んな事をしたくて、どれを最初にしたいのかが明らかでない時

それは、始める事すら出来ません。

この知識、自由を、この人生で求めている事が明らかなら

全てが、結婚でさえもカルマヨーガになります。

実際結婚はヨーガです。

この知識の準備の為、2人はカルマヨーガの人生を共に生きるのです。