2019-04-21

【ギーター】第2章45番目の詩

2019/04/20

त्रैगुण्यविषया वेदा निस्त्रैगुण्यो भवार्जुन ।

traiguṇyaviṣayā vedā nistraiguṇyo bhavārjuna |

निर्द्वन्द्वो नित्यसत्त्वस्थो निर्योगक्षेम आत्मवान् ॥२.४५॥

nirdvandvo nityasattvastho niryogakṣema ātmavān ||2.45||

ヴェーダの主題は3つの質に関連するものです

アルジュナよ、この3つのグナから自由で

対極の組み合わせからなる世界から自由で

サットヴァのグナに変わらず留まり

得る事・失う事の心配から自由で

自分自身を自由にすることが出来る

そういった人でありなさい[2-45]

人は、その人が見たいものの為だけに聖典を読みます。

それは、多くの物が並ぶ金物屋さんに入り

あなたが欲しい物だけを調べる様なもの。

聖典は多くのトピックがあり

あなたは欲しい物だけを探求します。

ヴェーダは、あらゆる結果を成し遂げる為の

道理にかなった方法を提供します。

子宝に恵まれるという様な、五感で捉えられる結果

天国を得るなどという様な、五感では捉えられない結果

五感で捉えられる、五感では捉えられないという

あらゆる方法と結果を明らかにしてますが

これら全ては、限られた結果の為の方法ばかりです。

体験[ボーガ]や、権力[アイシュヴァルヤ]を

求める人が探しているものです。

その人にとってヴェーダは、サットヴァ・ラジャス・タマス

3つのグナにまつわるもの[トライグンニャ・ヴィシャヤ]

サムサーラを意味します。

サットヴァは、何らかの幸せを与えます。

ラジャスは、興奮や動揺を与え

タマスは鈍さや悲しみを与えます。

こうしてこれら3つの質が喜びや辛さ[スカ・ドゥッカ]を与えます。

サムサーラとは、この3つのグナの囲いにあるものを意味します。

サムサーラがゴールである人にはならないように

[ニストライグンニョー バヴァ]とクリシュナは言いました。

サムサーラは、成し遂げるものではなく

既に私達はそれを得ています。

私達は既にサットヴァ・ラジャス・タマスの3つの囲いの中に居て

そこからの自由を探しています。

溺れている人は、更に水を求めません。

既に溺れているので、海の中に沈みたくはないでしょう。

私達は、既に首までサムサーラの海の中にいます。

ですから、サムサーラは、脱出する為の状況です。

シャンカラは解説します。

体験の喜び、権力への欲望からあなたが自由でありますように

[ニシュカーマハ バヴァ]

更には、喜びや辛さ[スカ・ドゥッカ]の原因である

対極の出来事から自由でありなさい[ニルドヴァンドヴァハ バヴァ]

対極の出来事[ドヴァンドヴァ]とは

暑いと寒い、勝利と敗北などです。

何かがある事や無い事に

依存していない事が、ニルドヴァンドヴァです。

暑い・寒いは、人を不幸せにする事が出来ます。

そこに振り回されるなら、幸せは、それが有る・無いに頼っています。

つまりニルドヴァンドヴァでないことになります。

また、敗北に痛みがあり、勝利に意気揚々とします。

「痛い思いをしたくないにしても、なぜ意気揚々であってはいけないのか?」

と言うかもしれませんが

意気揚々とするなら、明らかに痛みもまた持つのです。

どうか対極のものに影響されませんように。

あなたは、それらを避ける事が出来ませんから。

冬や夏を避ける事は出来ませんが

ある種の冷静さや、心構えを保つ事で

影響を受けずにいられます。

この様な状況を変えることに

没頭させられる必要はありません。

サットヴァの質が高いの人のことをサットヴァスタと言い

サットヴァが優勢になった時

平静さと、見極めと、探求と、知識があります。

一方、ラジョーグナは興奮や、大望といったものです。

いつも知識にあなたのコミットメントがありますように

[ニッテャサットヴァスタハ バヴァ]

そして、あなた自身が3つのグナから自由[ニストライグンニャ]

であることを発見しますように。

この詩のニルヨーガ・クシェーマの

ヨーガという言葉は「得ること」という意味です。

クシェーマという言葉は「維持すること」を意味します。

人の問題は、いつもヨーガかクシェーマにまつわります。

欲しいものが、得られない

あるいは持っていたものを失ってしまうとか。

様々な心配という問題を引き起こす

失っている沢山のものがあり

それら全てはヨーガとクシェーマです。

ですからクリシュナはアルジュナに言いました。

得る事・失う事の為に心配や悩みを持たない人でありますように。

[ニルヨーガ・クシェーマハ バヴァ]

欲しいものを得る事、また、それにしがみつく事

それだけが関心事の人にとっては

モークシャの追求に自分自身を没頭させることは

とても難しいと言う事です。

ヨーガやクシェーマに進むべきではないと

クリシュナは言ったのではなく

「ヨーガとクシェーマから生まれる心配がありませんように」

とは言いました。言い換えるなら

「あなたが自由でありますように」

あなたが自分自身のマスターでありますように。

[アートマヴァーン]

つまり、考えと感覚器官があなたと共にある人でありますように

こういったこと全てがギーターを通して解説されます。

そうでなければ、クリシュナの言葉は

単なるアドバイスに過ぎず、教えではなかったでしょう。

ここではアートマーは、体、考え、感覚器官を意味します。

あなたが、それらを所有しますように。

それらが、あなたを所有しませんように!

あなたが気まぐれな空想の手に落ちませんように。

あなたの考えが、あなたと共にありますように。

無関心で、メカニカルな考え[プラマーダ]から自由でありますように。

言い換えるなら、注意深くありますように。

あなたがあなたとして1つでありますように。

関連記事