2019-05-13

【ギーター】第2章46番目の詩

2019/05/11

यावानर्थ उदपाने सर्वतः सम्प्लुतोदके ।
तावान् सर्वेषु वेदेषु ब्राह्मणस्य विजानतः ॥२.४६॥

yāvānartha udapāne sarvataḥ samplutodake |
tāvān sarveṣu vedeṣu brāhmaṇasya vijānataḥ ||2.46||

自分自身を知っているブラーンマナーにとって

全てのヴェーダは、至る場所で洪水の時に

小さな貯水池がどれほど役に立つかと同じものです[2-46]

クリシュナがアルジュナに、サムサーラだけを扱う、ヴェーダのその部分を超えて行くように頼んでいる理由が、この素晴らしい詩に与えられています。ブラーンマナーと言う言葉は、その人の中にサットヴァが優勢になった人を意味しています。ですからブラーンマナーは、洞察力のある人、識別のある人です。ブラーンマナーを条件づけている「ヴィジャーナタハ」という言葉は、何が何たるかを知っている人を意味します。悟りを得たブラーンマナーにとって、(ヴィジャーニタハ ブラーンマナッスャ)サムサーラとだけ関連しているヴェーダの部分は、サルヴァタハ サンプルトーダケー、その地方全体が洪水になっている時の、貯水池ほどの役にたつものだとクリシュナが言うのです。井戸やため池自体が、水の下になってしまっている時、水を求めそれらを探す必要がありません。

求める事の完結
ヴェーダの中で語られている様々な手段とその目的は、全て限界があるものばかりです。ですから、言われている行いの数々から得られるどんな結果もまた限られたものです。賢い人とは自分が限り無い事、パラムブランマンである事を知っている人です。その人が限りないものアーナンダである時、アーナンダを探す必要が何処にあるでしょう。人の本質、スヴァルーパこそがアーナンダなのですから、この知識を持つ人はアーナンダを探しません。ちょうど砂糖の結晶が、自分自身が甘くなるために他の砂糖を全く必要としないのと同じです。どんなものも砂糖より甘くなれません。1度でも何かが砂糖に結晶したなら、それ以上は甘くなることが出来ません。まさに結晶は、甘さが飽和状態に達したことを意味しています。アメリカの政治システムはロシアより多分良いでしょうが、彼らの砂糖は両方同じものなのです。

同じ様にあなたは、本質としてアーナンダです。あなたがアーナンダである時アーナンダを叶えてくれるものや、安全を叶えてくれるものを必要としません。ところがこれがまさに手段と結果として全ての行いの数々によって、あなたが探しているものなのです。ですからターヴァーン サルヴェーシュ ヴェーデーシュ、4つのヴェーダに述べられている、様々な方法とその目的、ゴールと言うのは、至る所が水で溢れている時の小さなため池や、井戸の様にしか役に立たないものです。ため池や井戸の数々が既に水で溢れてしまっている時、実際何処がため池でどこが井戸でしょうか。

前の詩でクリシュナが言ったことの全てと言えば、アルジュナの中にカルマヨーガに対する興味を作り出す事でした。それはまだ、クリシュナが話していない事でした。彼はただサーンキャ、知識についてだけを話していました。カルマヨーガについて話さなければならなかったことを聞きなさいと、アルジュナに言った後で、カルマヨーガとは単にカルマではないのですから、その実践によって何かを失うと言う可能性も、悪い結果を起こす可能性もないとクリシュナはそれを褒め称え始めました。そして人々は、本当に何が欲しいのかを知らないがゆえに、カルマをするのだと言う事を彼は指摘しました。何が欲しいのかがハッキリしていないので、人々は体験の喜びと権力を追い求めます。しかしながら、何が欲しいかがとてもハッキリしているなら考えが定まります。嵐が去って、実験にはもはや興味はありません。あれこれ成されるかどうかを見ようとはしません。何が求められかに関してハッキリしていますので、全ての実験は終わりです。そしてそれ自体が大きな祝福です。

ですからサンニャーサという生き方をしたいのか、カルマヨーガという生き方をしたいのかが問題になります。あなたには2つの生き方だけが開かれています。その2つの間に選択がありますが、実際それは全てあなたが置かれている状況によりますので、本当はとても小さな選択です。サンニャーサは少しも道理に適っていないかもしれません。ならばカルマヨーガが望ましいです。両方が同じゴールを持ちます。両方が知識と言う形でモークシャの為のものです。サンニャーシーはモークシャの為に努力しますし、カルマヨーギーもそうします。

クリシュナはカルマヨーガについて、沢山話しましたが、実際には彼はそれが何かを話してはいません。次の詩で彼はそれを話します。

関連記事