2020-01-21

2020/01/18【ギーター】第2章51番目の詩

कर्मजम् 2/1 बुद्धियुक्ताः 1/3 हि 0 फलम् 2/1 त्यक्त्वा 0 मनीषिणः 1/3 ।

जन्मबन्धविनिर्मुक्ताः 1/3 पदम् 2/1 गच्छन्ति III/3 अनामयम् 2/1 ॥२.५१॥

カルマヨーガの世界の見方を授かった賢者は、行いの結果を手放して

生まれることの束縛からも自由で、全ての苦悩から自由であるゴールを成し遂げます[2-51]

この詩は、私達が生きている間に

ここで何を成し遂げられるかを述べています。

パダという言葉は「言葉」という意味があります。

ここでは、「知識によって成し遂げられるもの」を意味します。

パダはアナーマヤという、別の言葉によって限定されます。

アナーマヤは、「全ての苦悩から自由であること」を意味します。

私は、限り無いブランマンであることを知り

私は、何にも悩まされはしません。

なぜならブランマン以外の何もないのですから。

何も私を悩ませるものがありません。

そして、それはいつでしょう?

この世界で生きている間にです。

その自由は生きている間である今、得られます。

その様な人は、自分自身の知識を得てマニーシーと呼ばれます。

カルマ・ヨーギーが、最初にアンタッカラナ・シュッディを得て

この詩で述べられたように、プンニャやパーパを手放し

(कर्मजम् फलम् त्यक्त्वा = カルマから生まれる結果を手放して)

好ましい結果も、好ましくない結果も

偏見なく物事を見ることで、結果を手放し

知識によってモークシャを得ます。

カルマ・ヨーギーもまた結果として、モークシャを得ると言います。

その人は、生まれる事の束縛から自由(ジャンマ・バンダ・ヴィニルムクタ)になるのです。

「行い手である」と言う考えがない時

行いの結果もまたありません。

生まれるということからの束縛から、賢者は解き放たれます。

次回の勉強会は2月1日(土)11:20~12:50です。

第52番目の詩を読み進めます。

最後までありがとうございました。

千葉市中央区ヨガ教室「ギーターヨーガ」ヤムナー

関連記事