2020-03-07

【ギーター】第2章53番目の詩

2020/03/07

श्रुतिविप्रतिपन्ना ते यदा स्थास्यति निश्चला ।

śrutivipratipannā te yadā sthāsyati niścalā |

समाधावचला बुद्धिस्तदा योगमवाप्स्यसि ॥२.५३॥

samādhāvacalā buddhistadā yogamavāpsyasi ||2.53||

(手段と結果を示す)ヴェーダに取り乱されてきたあなたの考えが

自分自身にしっかり成し遂げられて、動かずにとどまる時

それであなたは自分自身の知識を得るでしょう[2-53]

この詩は平静さによってもたらされる、更なるゴールを示しています。

前半のヴェーダは、様々なゴールを成し遂げる為の、様々な方法を話します。

考えが1つになった時、つまり何を得なければならないかを決定してしまった時

美しく、とても入念に描写されている前半のヴェーダによる

様々な方法やゴールにも簡単には揺さぶられなくなります。

何故なら、全ての方法やゴールを含む

唯一のゴールに心を固定したからです。

本当に求めている事は、あらゆる制限からの自由なのです。

この事を知ったなら、全てはとてもシンプルです。

様々な物事が、考えを魅惑しても

考えは揺さぶられる事無く、悩まされる事無く、運び去られる事無く留まります(スターッスャティ ニスチャラ)。

唯一[エーカー]のゴールに考えは向けられます。

考えのこの在り方がカルマ・ヨーガです。

私を捕えて支配していたラーガ・ドヴェーシャの力が緩められ

考え、知性がしっかりします。


「全てのものがその中に解決するもの、それがアートマー」

”サムミャグ アーディーヤテー チッタム アスミン イティ サマーディ アートマー”

この文脈の中のサマーディという言葉は

アートマーを意味するとシャンカラは述べています。

この詩の最初の行は自由[モークシャ]を求めている人

すなわちムムクシュである事を示しています。

自分自身の知識を通しモークシャを成し遂げること

それが明確なことがカルマヨーガで

カルマ・ヨーギーはムムクシュです。

ムムクシュには、どんな疑いも無い[ヴィカルパ]に知性が留まる時、

そこには知識[ニャーナ]があり、それが本当のヨーガです。


この詩の後半のヨーガと言う言葉が

アートマーとアナートマーの識別の知識に他ならない事を明らかにしています。

この詩の後半のヨーガと言う言葉は、カルマ・ヨーガの意味ではありません。

限られたものを、受け入れる原因となる識別の無さ[ア・ヴィヴェーカ]取り除くなら

アートマーとアナートマーのヴィヴェーカで成し遂げらる

本当のヨーガ[パラマールタ・ヨーガ]があります。

ニャーナと呼ばれるこのヨーガが、アルジュナが得るであろうヨーガです。

クリシュナは「ヨーガム アヴァープシャシ」と言いました。

この特殊な主題は正しく知り理解する為の対象、信仰の対象ではありません。

1+1=2や、重力の法則などは、理解するためにあります。

学校でも先生は、それらを理解しなさいと教え

それらを信じなさい、とは教えません。

私自身、イーシュワラについても同じです。

関連記事