2020-03-29

【ギーター】第2章54〜55番目の詩①

2020/03/21

अर्जुन उवाच ।

arjuna uvāca |

स्थितप्रज्ञस्य का भाषा समाधिस्थस्य केशव ।

sthitaprajñasya kā bhāṣā samādhisthasya keśava |

स्थतधीः किं प्रभाषेत किमासीत व्रजेत किम् ॥२.५४॥

sthitadhīḥ kiṃ prabhāṣeta kimāsīta vrajeta kim ||2.54||

アルジュナが言いました

ケーシャヴァよ、アートマーの中に考えが定着している人

整った知性の人はどの様な人ですか?

あらゆる事に揺れず、その知性に留まる人は

どの様に話し、座り、また歩くのですか?[54]

男性名詞であるスティタップラッニャという言葉は

知識が定着している人のことを言います。

知識そのものではありません。

知識[プラッニャー]は、女性名詞です。


アルジュナの質問1行目は

知識を得た人[スティタップラッニャ]の描写を尋ねる質問でした。

賢者の俗っぽい描写があるので、2行目のアルジュナの質問を

クリシュナは文字通りにとられえませんでした。

「アルジュナは以下のように質問したかったはずです」

と、シャンカラ先生も言います。

「賢者は、どの様に世界と関わるのでしょう?」

「その人は世界の中で、どの様に話したり、仕事したりするのでしょうか?」

「その人が知識を持つ事で、何か具体的な現象があるのでしょうか?」

「その人が持つ知識を暴く、または明らかにするものはあるのでしょうか?」

「その人の世界への関わり方と、一般人の世界への関わり方には、何か違いがありますか?あるべきですよね?」

「その人の知識がもたらす特徴は何でしょうか?」

それについてバガヴァーンが答えます。

श्रीभगवानुवाच ।

śrībhagavānuvāca |

प्रजहाति यदा कामान् सार्वान् पार्थ मनोगतान् ।

prajahāti yadā kāmān sārvān pārtha manogatān |

आत्मन्येवात्मना तुष्टः स्थितप्रज्ञस्तदोच्यते ॥२.५५॥

ātmanyevātmanā tuṣṭaḥ sthitaprajñastadocyate ||2.55||

シュリーバガヴァーン言う

アルジュナよ。考えに表れた全ての欲望を手放し、

自分自身に幸せであり、自分自身といて幸せな人である時

その人は知識に根付いた人と言われます[55]

賢者の生活の中での振る舞い

他に対する態度や気質は

知識を探求する人々が、見習うべきものです。

探求者が賢者になる為の手段[サーダナ]ですから

土台として身に着けるべきです。

これらのサーダナなしに、人は思慮深くはなれません。

はじめにサーダナがあり、その後自然な振る舞いとなります。

賢者は、同情深くなろうとか、愛そうとか、与えようと、努力するのではなく

その人はごく自然に同情深く、愛し、与えます。

しかし、それがまだ自然な振る舞いにならない人にとっては

与える事は試みで、これが必要です。

「与える」と同時に、「与えられない」という考えもあるのですから。

「何故与えなければならないの?」という疑問があります。

与えない様囁くエゴがあれば、私は与える人ではないのです。

全ての賢者が自然と振る舞う、与える事や、愛、同情、思いやりなどが

賢者になる事を望む人[ムムクシュ]にとってのサーダナとなります。

サーダナは、努力[ヤットナ]があって実ります。

努力が実を結び、自然と振る舞えるようになれば、しっかり知識が根付くのです。

「知識を得た人[スティタップラッシニャ]の描写をして欲しい」

というアルジュナに答えクリシュナは

賢い人の描写と、賢くなる為のサーダナの両方を含め教えました。

それらは1つであり、同じ事ですから。

更に、全ての欲望[サルバーンカーマーン]を手放すことは

賢者は願望を持たないという事ではなく

願望があっても、その願望に縛られたりしないということが

手放すこと[プラジャハーティ]と言い示しました。

関連記事