2020-06-07

【ギーター】第2章 56番目の詩②

2020/06/06

दुःखेष्वनुद्विग्नमनाः सुखेषु विगतस्पृहः ।

duḥkheṣu anudvignamanāḥ sukheṣu vigataspṛhaḥ |

वीतरागभयक्रोधः स्थितधीर्मुनिरुच्यते ॥२.५६॥

vītarāgabhayakrodhaḥ sthitadhīrmunirucyate ||2.56||

不幸で苦しい出来事に影響されず

物質的、精神的な快楽を求めず

渇望、恐れ、怒りから自由である賢者が

知識に根付く人と言われます[56]

死の恐れ、見下されたり、軽蔑されたりする恐れ

ちっぽけである事の恐れ、成し遂げられない事の恐れなど

恐れは、求める人と(主体)、求められるもの(客体)の関係

分かれている[ドヴァイタ]がある時にだけ存在し

ドヴァイタがある時、恐れがあります。

恐れから自由になる唯一の方法は、分かれているが無いこと[ア・ドヴァイタ]。

恐れは、知識を通してのみ無くなり、これが唯一の方法です。

「イーシュワラが全て、そして私はその一部」

こんな小さな分裂でさえ、恐れを起します。

この考え方から、全てが違うものになります。

この分裂は、ちゃんと考えていない事から生まれます。

ムニとは考える人、探求する人で

ムニの知識はしっかりと定着します[スティタディー]。

ドヴァイタは、知識ではなく、信じるにすぎないこと。

反論があるにしても、ア・ドヴァイタ(分かれていない)は、あなたが知っているものです。

それを他者に上手く伝えられず(教え方の方法論を上手に使えない)かも知れませんが

あなた自身なのですから、あなたが知っています。

それは、信じなければならない様な何かではなく、全ての観念からの自由。

ア・ドヴァイタは、そこにある全てです。

知識が定着した人(スティタプラッニャ)は賢者で

サンニャーシーも、知識がしっかりと宿った人であることを示す言葉です。

この言葉がシャンカラ先生の解説書で取り上げられています。

サンニャーシーになること無しに、知識がしっかりと宿った人にはならない。

ここで言うサンニャーシーは、この知識に価値を見た人、既に知識が完成した人

どちらの意味ともとれます。

シャンカラ先生が述べるサンニャーサは、いつも知識で、それ以外のものではありません。

行いの結果が、モークシャではないという事です。

関連記事