2020-06-20

2020/06/20【ギーター】第2章57番目の詩

यः 1/1 सर्वत्र 0 अनभिस्नेहः 1/1 तत् 2/1 तत् 2/1 प्राप्य 0 शुभाशुभम् 2/1 ।

न 0 अभिनन्दति III/1 न 0 द्वेष्टि III/1 तस्य 6/1 प्रज्ञा 1/1 प्रतिष्ठिता 1/1 ॥२.५७॥

あらゆる状況に執着せず、快・不快を得ても愛慕も嫌悪もない

その様な人の知識は、十分に成し遂げられています[57]

私達のマインドは、心(hṛdaya)がある所にあります。

執着がある場所にマインドは向かいます。

何百もの場所に心(hṛdaya)があり

マインドは心(hṛdaya)にペースを合そうとし

何百もの場所に行きます。

痛みや腫れを伴う傷を負う人は

痛みがあるので、その傷を

優しい気持ちで癒そうとします。

多くの癒しの行為により

傷は、愛と優しい気持ち全部を受け

あらゆる治癒力のシステムが働き出します。

心(hṛdaya)がそこにあるので

マインドがそこに行きます。

その時、マインドはサト・チト・アーナンダの意味に

留まることを許しません。

私達の執着は、天国からはじまる

多くの対象物に向かいます。

完璧な天国描写にも、賢者は興味がありません。

賢者の心(hṛdaya)は、その人自身で

決して失われず、どこにも捕らわれないのです。

愛や、友情や、優しい気持ち、労わりがありますが

駆け引きはありません。

接頭語のアヴィが、スネーハという言葉の前に加えられます。

賢者は、愛情を持ちますが

過剰な愛、すなわち執着ではない事が

ウパニシャドやギーターを通して明かされます。

クリシュナも、明らかにアルジュナに愛情がありました。

クリシュナはとても優しく話しました。

アルジュナに対し、愛情はあるけども

「こんなに教えてやってるから、理解しろ!」などと言う

執着はありません。

執着がムムクシュを助けたりしません。

この詩はまた、

喜ばしい状況に舞い上がって踊ったり

好ましくない状況を憎んだりしない事を

私達に語っています。

シュバという言葉は、喜ばしい事、好ましい事など

アシュバは、死や病気などの喜ばしくない事を意味します。

賢者は、快・不快を得ても愛慕も嫌悪もせず

それをあるがままに受け入れます。

あらゆる状況も、サマハ(同じ)です。

これは、ある種の理解から生まれる態度ですが

賢者にとっては、それは自然で自動的な表現なのです。

何故なら、その人の知識は

リアル、リアルでないものの識別から生まれていますから。

次回の勉強会は7月4日(土)11:20~12:50

第58番目の詩を読み進めます。

ありがとうございました。

千葉市中央区ヨガ教室「ギーターヨーガ」ヤムナー

関連記事