2020-09-19

2020/09/19【ギーター】第2章62番目の詩

ध्यायतोविषयान्पुंसःसङ्गस्तेषूपजायते

dhyāyataḥ viṣayān puṃsaḥ sangaḥ teṣu upajāyate|

सङ्गात्सञ्जायतेकामःकामात्क्रोधोऽभिजायते ॥२.६२。

sangāt sañjāyate kāmaḥ kāmāt krodhaḥ abhijāyate|| 2.62 ||

対象物を思う人に、それに関する愛着が生まれ

執着から欲求が生まれ、欲求から怒りが生まれます[2-62]

欲求の対象物は、1つ1つが独特で

価値あるものです。

その物自体が、望まれるわけではありません。

それが、望ましい物だと見なされる為

それを手に入れたいと望みます。

(ex:アイスクリーム自体が喜びではなく

アイスクリームを食べる時

悩み等が去るので、それを求める。)

この詩の中で述べられる人は

内側の自分[プラッテャグ・アートマー]

に瞑想するのではなく

あらゆる物が持つ

独特の望ましさに瞑想します。

瞑想とは何かをずっと思い続ける事です。

瞑想は1つの対象物

それに繋がる何かに対する絶え間ない考えです。

sajātīya-vṛtti-pravāha

【瞑想(ウパーサナ)の定義】

सगुणब्रह्म-विषय-सजातीय-वृत्ति-प्रवाह-

saguṇabrahma-viṣaya-sajātīya-vṛtti-pravāha-

イーシュワラに属する対象にヴルッティは常に流れ

विजातीय-वृत्ति-रहित-मानस-व्यापारः

vijātīya-vṛtti-rahita-mānasa-vyāpāraḥ

他のヴルッティはなく、その考えで埋め尽くされる

最初に、対象物や人と接触[サンガ]を持ちます。

頭に甦ってくるものと、そうでないものがありますが

「頭の中に甦るのはなぜ?」という理由は

この五感で捉えられる世界の範囲では見えません。

体験は、何らかの記憶[スムルティ]を残し

その体験の衝撃で

全感覚が考えに甦るものもあります。

それに、好みを抱き、望むようになります。

この段階も問題はありません。

クリシュナがこの詩で描写している人は

それを思い、賛辞し続け

それがいないと、生活が空しいと思う人です。

愛情そのものに問題はなく

問題は、それを常に所有していたいと思う事です。

次回の勉強会はこの続き

「怒りの現れ」について見ていきます。

引き続き、10月03日(土)11:20~12:50でも

第62、63番目の詩を更に深めましょう。

関連記事