2020-12-20

【ギーター】第2章69番目の詩①

2020/12/19

या निशा सर्वभूतानां तस्यां जागर्ति संयमी ।

yā niśā sarvabhūtānāṃ tasyāṃ jāgarti saṃyamī |

यस्यां जाग्रति भूतानि सा निशा पश्यतो मुनेः ॥२.६९॥

yasyāṃ jāgrati bhūtāni sā niśā paśyato muneḥ ||2.69||

全ての生きものにとっての夜の中で

自分を熟知している賢者は目覚めています

生きものが目覚めているその中に

気づいている賢者にとっては夜です。[2-69]

”賢者は、どの様に世界と関わるのか?”

というアルジュナの質問に答え

クリシュナは、どの様な人が賢者であるのかを知る為に

アルジュナ自身が賢明であるべきだということを

今迄の詩で説明してきたものの

賢者についての描写が完全でなかったことから

ここで興味深い詩を加えました。

クリシュナの言いたかった要点は

賢者でない人は、賢くならないと

賢者を本当には理解出来ないということ。

夢の中に居る時、まさか自分が夢の中に居るとは

目覚めるまで信じて疑わない様に

賢者でない人も、目覚めないと(賢くならないと)

真実(賢者を)を本当に理解できないということです。

クリシュナは、このことを

全ての人にとっての夜は、考えや感覚器官が

その人自身と共にある賢者にとっての昼である

と例え、その様な人はサムヤミーと呼ばれました。

考えや感覚器官を自由に扱う事、制御すること[ヤマ]

知識と共に、ヤマ出来る人が、サムヤミーです。

更にクリシュナは言いました。

賢者以外の人にとっての昼は

ムニと呼ばれる賢者にとっての夜である。

ムニとは、物事をはっきりと見る人[マナナシーラ]です。

このはっきりとした洞察力の人には

全ての人が昼だと思う状態が夜なのです。

全ての生き物が目覚めている時、賢者は眠り

全ての生き物がが眠っている時、賢者は目覚めています。

賢者が、コウモリの様に夜行性だということではなく

暗闇では、あるがままにものが見えない様に

知識がハッキリしていない事とは

つまり無知[アヴィッデャー]であるということです。

人々は、この無知の眠りの中で

夢遊病者の様に、活動してても眠っています。

ある種のリアリティに目覚めていません。

完全なる熟睡、あるいは無知

そして、完全な目覚めには問題はありません。

問題は夢の中の様に、半分起きていること。

間違いが起こる可能性のある状態です。

関連記事