千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第2章69番目の詩⑦

2021/03/20

या निशा सर्वभूतानां तस्यां जागर्ति संयमी ।

yā niśā sarvabhūtānāṃ tasyāṃ jāgarti saṃyamī |

यस्यां जाग्रति भूतानि सा निशा पश्यतो मुनेः ॥२.६९॥

yasyāṃ jāgrati bhūtāni sā niśā paśyato muneḥ ||2.69||

全ての生きものにとっての夜の中で

自分を熟知している賢者は目覚めています

生きものが目覚めているその中に

気づいている賢者にとっては夜です[2-69]

-

足に刺さったトゲを抜く為に、トゲを使いますが

トゲが取り除かれたなら、足に刺さったトゲも

取り除くためのトゲも両方捨てます。

同様に、最後のプラマーナ

「タット・トヴァム・アシ」この表明そのものが

去ってしまうとシャンカラは言います。

もう1つの例えは

体が火葬される時、沢山の薪が積まれ

その薪の上に、肉体が置かれます。

穀物の脱穀した殻と、小さな木片で

体は覆われ、火が灯されます。

体が火に包まれると

火葬儀式の参列者は去りますが

翌日、その参列者達は、灰と骨を拾う為に戻ってきます。

その時、燃え残った体の部分などは無いように

何も残されず、完璧に焼かれなければなりません。

そうなるまで儀式は不完全です。



体が完全に焼かれる様に

火葬場の責任者はしなければなりません。

死体には触れるべきではありませんから

火の中の死体を確認する為に棒が使われます。

体が完全に焼かれれたことが確かめられると

その人は火の中に棒を投げ入れ、その棒も焼かれます。



同様に「あなたがあれです[タット・トヴァム・アシ]」

という表明はプラマーナです。

知る人[プラマーター]つまりあなたが

「あなたがブランマンである」と言われます。

あなたがブランマンなら、知る人はいません。

この知識が起こった後、

プラマーターは、まるでプラマーターです。

リアルなプラマーターは、もはや無く

知る人がいない時、プラマーナも去ってしまいます。

知る人、知られるもの、知る道具

3つ全てが、ブランマンです。


この知識の目覚めの中に二元性は去ります。

知る人・知られるもの・知識の活動の全てが

「わたしはブランマンである」という

知識の目覚めの中に消えてしまいます。

全ての人にとっての昼は、賢者にとっての夜です

とクリシュナが言ったのは、こういうことです。

ですから、賢者の価値を真似る


しっかり知識の根付いた人[スティタ・プラッニャ]

のどんな描写も、実際役には立ちません。

賢者を賢くした智慧[プラッニャー]

について話すことは出来ても

この智慧が無い限り、賢者とは何かを理解できません。

しかし、アルジュナは賢者の描写を知りたがり

賢者がどの様に世界に反応するかを知りたがりました。

クリシュナは、ダルマに関することを除き

賢者を真似ることが出来ないことを

アルジュナに述べました。



行い手であるという観念が否定された賢者にとって

もはやカルマは必要ありませんから

ヴェーダの儀式を行わないかもしれませんし

どんな義務によっても拘束されません。



ですから、賢者を真似ることは危険です。

クリシュナは、真似ることが出来ること

賢者の考え、価値、制御、熟達についてを述べました。

これらは、毎日の生活、振る舞いの中で

探求者にとっての道具[サーダナ]となり得ると

クリシュナはアルジュナに確信させました。



そして、どういう人が賢者なのか?

を知る方法は無い、という意味で

昼と夜が違う様に、賢者は無知な人とは違う

と言いました。

全ての人にとっての夜は、賢者にとっては昼で

全ての人の昼は、賢者には夜です。

アルジュナは、これに驚かされ

クリシュナは、同情と思いやりから

この詩の例え(昼と夜)の次に

アルジュナが賢者とは何か?

その意味を理解させる事が出来る例え話を述べました。