2021-05-02

【ギーター】第2章71番目の詩①

2021/05/01

विहाय कामान् यः सर्वान् पुमांश्चरति निस्पृहः ।

vihāya kāmān yaḥ sarvān pumāṃścarati nispṛhaḥ |

निर्ममो निरहङ्कारः स शान्तिमधिगच्छति ॥२.७१॥

nirmamo nirahaṅkāraḥ sa śāntimadhigacchati ||2.71||

全ての束縛ある欲求を手放し、切望から自由で

私、私の物、という感覚から自由で

動き回るその人はシャーンティを得ます[71]

賢者は、全ての束縛ある欲求を手放した人で、世界で自由に動く人です。

カルマヨーギーのジャナカ王も、サンニャーシーのシャンカラも、モークシャに違いが無く、自分自身でいて幸せですから、安全や、幸せである為の状況への切望は無く、「私の」という感覚がありません。



人は、人や物にしがみつき、それを「私の物」と考えます。

「これには触れないで。これを取らないで。これは私のおもちゃ」と、子供の様に言います。

子供時代の「私の物」、大人の「私の物」の違いは、おもちゃが他の物に置き換えられただけで、大人の私は、髭の生えた子供に過ぎません。


しかし、全体、全てのものがわたし自身であると見た時、全てが変わります。

わたしは父であり、母であり、全ての場所です。

全てがわたしである時、「私の」はありません。

「私の物」があるなら「あなたの物」「彼の物」「彼女の物」もあります。

全ての問題の原因が、ここにあります。

あなたが、あなた自身の目によって小さくなります。

「わたしはここにある全て」と知り、「私」「あなた」が無いなら、あなたは賢者です。



あなたが「わたしはここにある全て」と言う時、「私の物」という感覚は去ります。

全てがわたしである時、「私」はありません。

「私」という感覚も去ります。

人々は、それは虚しいと考えますが、虚しさは、ちっぽけである時だけ、比較とプライドがある時のみ存在します。

所有物、能力、技術を測るというエゴ[アハンカーラ]があります。

しかし、エゴが「わたしが全てである」という範囲まで拡大した時、まったくアハンカーラはありません。

ただリアリティ、つまりブランマンとして知識があるだけです。



ただ「わたし[アハン]」だけがあります。

「私」とか「私の物」の感覚を持たない人です。

「私は行いをする人」は、間違った観念です。

全てがわたし自身と知る賢者には、束縛する欲求はありません。



賢者は世界から逃げ去ったりせず、世界の中で、動き回り、活動的であるかもしれません。

世界の活動に従事しながら、ただシャーンティです。

どの様な世界がその人の中に入ってきても、シャーンティだけが占有しています。

関連記事