千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第6章07番目の詩①

जितात्मनः प्रशान्तस्य परमात्मा समाहितः ।

शीतोष्णसुखदुःखेषु तथा मानपमानयोः ॥६.७॥

jitātmanaḥ praśāntasya paramātmā samāhitaḥ |

śītoṣṇasukhaduḥkheṣu tathā mānapamānayoḥ ||6.7||

自分を上手く扱える人にとって、暑い・寒い・快・不快

評価・批判に対して、その人の考えは穏やかで、いつも落ち着いた状態です。

-

この詩は、パラムという言葉がサマーヒタハにかかるか、アートマーにかかるかによって、2通りに読
むことができます。

1.アートマー パラム サマーヒタハ

2.パラム アートマー サマーヒタハ

考えをうまく扱っている[ジタ・アートマー]というのは、気分に左右されないということです。

考えの気分が正しく理解されているなら、考えに運び去られてしまうことはありません。

色んな感情をを持つな、と言っているのではありません。

そんな提案は、あなたの気分を悪くさせます。

色んな気分を持ちつつ、そういった気分に左右されないことと理解します。

気分をうまくコントロールすることではないのです。

感情に支配される状態から抜けだすスペース(ゆとり)をつくるなら、気分に巻き込まれることはありません。

これが、気分をうまく扱う人[ジタ・アートマー]の言葉の意味です。

そのような人は、考えが穏やか[プラシャーンタ]な人です。

考えの気分によって運びさられない、ジタートマーだからです。

ジタートマーやプラシャーンタである人にとって、邪魔するような状況は全くありません。

常に考えは手の内にあり、いつも整って落ち着いています[1.パラム サマーヒタハ]

どんな状況でも、決して自分自身を見失いません。

好きな食べものがあって、好みの音楽、話し相手がいるなど、全てがうまく行っている時、考えがまとまって落ち着くことは難しくありません。

この詩では、どんな状況においても常に、考えが落ち着いている人[パラム サマーヒタ]について語られます。

耐えられないほどの寒さ[シータ]や、嫌になるほどの暑さ[ウシュナ]、安らぎ、幸せ、喜びをもたらす状況[スカ]、不快感や、不幸、悲しみ[ドゥッカ]という常に変わり続けるあらゆる状況において、考えをうまく扱う人は、いつも考えが整い平静です。

そのような人にとって、ドゥッカがやってくることはありません。

ドゥッカが来るためには、その人の平静さが既に無くなっていなければなりません。

どんな状況でも、常に整っているその人の考えの中には、何の動揺も起こりません。

また、褒められること[マーナ]、非難される、不名誉なこと[アパマーナ]はもう1つの対極[ドゥヴァンドヴァ]です。

これら2つは、扱うことがとても難しく、ここで、特別に言及されています。

褒められることでさえ、時に対処は難しく、褒められることで、何かを頼まれるのではないかと不安になります。

賞賛に対して上手く対処できても、それが、何かの前置きに過ぎないなら、次に何が来るのか気になり、その賞賛は耳に入らないでしょう。