2017-12-09

【ギーター】第2章12~13番目の詩

2017/12/09

न त्वेवाहं जातु नासं न त्वं नेमे जनाधिपाः ।

na tu eva ahaṃ jātu na āsaṃ na tvaṃ na ime janādhipāḥ |

न चैव न भविष्यामः सर्वे वयमतः परम् ॥२.१२॥

na ca eva na bhaviṣyāmaḥ sarve vayam ataḥ param ||2.12||

私も あなたも 王たちも存在しなかったことはない

未来においても 存在しなくなることは決してない[2-12]

この詩はギーターの宇宙観における生と死

わたしは唯一無二の存在であることを明かします

「私は生まれる人」という観念を

二重否定を使い否定します。

ギーターの宇宙観における生と死において

わたしの誕生というものは無く

わたしは生まれません。

わたしは「まるで」生まれました。

わたしは、現在・過去・未来において

存在し続けます。

देह भेद अनुवृत्त्या बहुवचनं न आत्मभेद-अभिप्रायेण

複数形を使っているのは、様々な体のことで

唯一無二のわたしのことではない

と、シャンカラ先生は解説します。

様々な媒体[ウパーディ]があり

そして、わたしはたった1つです。

たくさんではありません。

多くの人がいて

様々な媒体[ウパーディ]がありますが

アートマーは時間に捕らわれず

唯一の全体としてある“意識”[チャイタンニャ]です

その意識の中だけに

私の考え、あなたの考えがあります

様々な考え、様々な肉体があると数えますが

“意識”[チット]の立場からではありません

普段見ている物の見方

その観念を落としていきます。

「わたしは永遠です」と言うなら

「長い寿命があるのがわたし」と考えますが

わたしは時間に捕らわれないもの

ですから、寿命はありません。

時間に捕らわれないので

わたしが存在しなかったこと

存在しなくなる事がないのです

時間に捕らわれないものに

嘆く事等出来ず悲しむ理由はありません

悲しみは、アートマーとアナートマー

それを識別できない為にあります。

悲しみとは、リアリティを認識できない為に

わたしの上に投影された何かなのです。

アナートマーが変化の対象です。

アートマーと、アナートマー

これらを正しく理解するなら

どちらも悲しむものではありません。

देहिनोऽस्मिन् यथा देहे कौमारं यौवनं जरा ।

dehino asmin yathā dehe kaumāraṃ yauvanaṃ jarā |

तथा देहान्तरप्राप्तिर्धीरस्तत्र न मुह्यति ॥२.१३॥

tathā dehāntaraprāptir dhīras tatra na muhyati ||2.13||

この体に住む人[ジーヴァ]は

子供時代、青年期、老年期がある様に

また別の体を得ますが

それに賢者は悲しみません[2-13]

アートマーは、いつも同じで

決して変わりません

アルジュナの理解の為

この詩で例が与えられました

子供時代が終わる時

その体に住む人はいますか?

もしそこにいなければ年老いた人が

若い頃の体験を語ることはできません

記憶を装ったわたしが、そこにいます

肉体や、声の変化はあったとして

記憶を支えるアートマーは

いつも同じで、揺らぎません。

あらゆる状態は訪れては去りますが

アートマーは、同じなままです

あらゆる状態は滅びますが

アートマーは、決して滅びません。

肉体は、7年ごとに大きな変化を

経験すると言われていますが

アートマーは、同じなままです。

生まれてからの3年間を覚えていない

それと同じ様に、過去世も覚えていません

今世に専念できる様、見事に隠されています

知られていようが、いまいが

アートマーは、同じなままです。

わたし[アートマー]の視点から見ると

自らが消滅するという

悲しみの理由はありません。

個人[ジーヴァ]の視点から見ても

いつかいなくなってしまうと

思い違いに陥る理由がありますか?

身体を持とうと、持つまいと

ジーヴァは在り続けます。

新しい体を手に入れること

それはジーヴァとして

より良い新しい出発を与えてくれるのです。

関連記事