2018-12-27

2018/12/22ギーター第2章勉強会㉙

ナマステー。

千葉市中央区のヨガ教室 ギーターヨーガ主宰ヤムナーです^^

12/22の勉強会では、第2章38番目の詩を読み進めていきました。

सुखदुःखे 2/2 समे 2/2 कृत्वा 0 लाभालाभौ 2/2 जयाजयौ 2/2 ।

ततः 0 युद्धाय 4/1 युज्यस्व II/1 न 0 एवम् 0 पापम् 2/1 अवाप्स्यसि II/1 ॥२.३८॥

喜びと苦しみ、手に入れる事と失う事、勝利と敗北を等しく捉え、戦いの心構えをしなさい。そうすることで、あなたはパーパを得ません。[2-38]

「ラーガ・ドヴェーシャの為に戦わないように」と言う事を数多くの言葉で語ってきたクリシュナによって、ここでカルマヨーガが提起されました。

ドゥルヨーダナはラーガ・ドヴェーシャ両方の理由から戦っていました。

彼はいつもパーンダヴァ兄弟に嫉妬し、彼らの活躍が我慢できませんでした。

一方アルジュナはラーガ・ドヴェーシャに対して戦わなければならない事をクリシュナは知っていました。

実際この戦争を戦う事は、アルジュナはドゥルヨーダナに対して戦っているのではなく、

ラーガ・ドヴェーシャに対し戦っていると言う事も、クリシュナはアルジュナに言いました。

この戦いはダルマ・アダルマの戦いでした。

ここですべき事がたまたま戦いであったので、クリシュナは「戦いなさい」と言います。

この戦争を戦う事はダルマを守る為で、ラーガ・ドヴェーシャが支配していたのではありません。

これがギーターを通しての心理学です。

ラーガ・ドヴェーシャが決断の要因とならないように。

何がすべき事で、何がすべき事でない事かと言うセンスが決断の要因となるように。

それでこそ私達はヨーギーとなります。

喜びと苦しみ、獲得と損失、勝利と敗北、これらの相反するものを同じに捉えて、正しい事をしようと努力する事、

罪を犯さないと言う事は、この詩において、ここで蒔かれたビージャ・ルーパ、種の形のカルマヨーガです。

クリシュナはギーターシャーストラの2つの異なる主題、サーンキャヨーガと(又はニャーナヨーガ)、カルマヨーガを紹介します。

これはギーターのとても重要な部分なので、シャンカラはそれについて詳しく解説しています。

एषा 1/1 ते 4/1 अभिहिता 1/1 साङ्ख्ये 7/1 बुद्धिः 1/1 योगे 7/1 तु 0 इमम् 2/1 शृणु II/1।

बुद्ध्या 3/1 युक्तः 1/1 यया 3/1 पार्थ 8/1 कर्मबन्धम् 2/1 प्रहास्यसि II/1 ॥२.३९॥

自分とは何かの知識が話されてきました。プルターの息子よ!今ヨーガの知識も聞きなさい。

それをあなたが授かる事で、あなたは行いの束縛を取り除くでしょう。[39]

私達が読み進めてきた、ここまででサーンキャ(ブラフマン、ブラフマンの知識という両方を意味し、ニャーニー達もまたサーンキャと呼ばれる)が語られてきました。

そして、39番目の詩が、そのトピックに関するとりあえずの結論です。

何故クリシュナがここで結論付けたのか?

その理由は「カルマ・シャーストラ」と「モークシャ・シャーストラ」

ギーターシャーストラの中には2つのシャーストラがあるからです。

カルマ・シャーストラとは様々なゴール、サーデャを得る為に、様々な儀式、カルマ、又は手段、サーダナについて議論しているカルマ・カーンダで、モークシャ・シャーストラの主題は知識、ニャーナです。

次回の勉強会では「カルマ・ヨーガとサーンキャヨーガの違い」から読み進めていきます。

2019年1月5日(土)11:20~12:50です。

最後までありがとうございました!

関連記事