千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第2章42~43番目の詩

2019/03/16

यामिमां पुष्पितां वाचं प्रवदन्त्यविपश्चितः ।

yāmimāṃ puṣpitāṃ vācaṃ pravadantyavipaścitaḥ |

वेदवादरताः पार्थ नान्यदस्तीति वादिनः॥२.४२॥

vedavādaratāḥ pārtha nānyadastīti vādinaḥ||2.42||

プルターの息子よ!ヴェーダの言葉に夢中になる人々

見極める能力のない人々は

それ以外には何もないと主張し

これらの華々しい言葉を口にします[2-42]

कामात्मानः स्वर्गपरा जन्मकर्मफलप्रदाम् ।

kāmātmānaḥ svargaparā janmakarmaphalapradām |

क्रियाविशेषबहुलां भोगैश्वर्यगतिं प्रति ॥२.४३॥

kriyāviśeṣabahulāṃ bhogaiśvaryagatiṃ prati ||2.43||

最高のゴールとして、喜びと権力を得る

天国への熱望で一杯の人々(華々しい言葉)は

善い生まれを行いの結果としてもたらす

あらゆる特別な儀式について話します。[2-43]

-

クリシュナは、見てはいても

はっきりと見ない人々[ア・ヴィパッシュチト]

つまり、ヴェーダの真実を学び、信仰しても

最も重要な教え、アートマーニャーナを

見過ごす人について話しています。

死後の存在が、ヴェーダで述べられているので

彼らはそれを信じます。

彼らは、様々な結果を成し遂げる為

ヴェーダの様々な儀式の効果を信じていて

天国や、より善い誕生などの結果を信じています。

彼らは、シャーストラを学び、その効果を信じる人々で

無視されるべきではない人々です。

しかし、彼らは詩を引用し

それを裏付ける様に話したり、議論を持つので

シャンカラは彼らを批判します。

彼らは話し、議論し、人を説得します。

[ヤーム イマーム プッシュピターム ヴァーチャム プラヴァダンティ]

華やかで、よく知られた言葉

[プラシッダー ヴァーク]を使います。

モクレンの木は、花が咲くと葉や枝が何も見えません。

これらの人々は、花一杯で華やかな木の様に

魅力的な言葉で話すので、これらの木の様です。

[プッシュピターム ヴァーチャム プラヴァダンティ]

また、聞いていて心地よい[シュルーヤマーナ・ラマニーヤ]です。

その言葉を聞く時、心地よく、素晴らしのですが

それらは、度の過ぎた誇大宣伝のようです。

エーカー・ブッディを持たず

人生で成し遂げるべきものの識別[ヴィヴェーカ]がない人は

ヴェーダーンタの部分ではなく

結果とその方法を語る、ヴェーダの部分を楽しむ

[ヴェーダ・ヴァーダ・ラター]です。

ヴェーダーンタの勉強をしても、それを儀式の為だけに使います。

ヴェーダ・ヴァーキャの多くは

結果と、結果を得る為の手段[サーダナ]についても

はっきりと述べているので、人はそれにふけります。

子宝に恵まれる為、健康を取り戻す為の

妨げを取り除く為の儀式があり

これらの入念な儀式が、どの様に為されるべきか述べられています。

ヴェーダの前半を信じ

何らかのカルマを行う事は結構な事ですが

ヴェーダ・ヴァーダ・ラターは

カルマ以外には何もないと議論します。

「カルマをし、様々なゴールを成し遂げなけるのだ!」

「無駄にこの人生を費やすべきではない!」

と彼らは言います。

勿論、私達も同じことを言いますが

次の人生の事は分かりません。

この人生だけが、私たちが当てに出来る人生です。

しかし、「カルマだけが為されなければならない」と

と、ヴェーダ・ヴァーダ・ラターは言うのです。

彼らのモークシャとは天国[スヴァルガ]です。

また、最も偉大な得るべきものは富です。

この人生についても話します。

ゴールは、この世・あの世での100%の成功です。

願望に他ならない人々[カーマートマーナハ]です。

願望を持つどころか、彼らは願望のみで作られています。

彼らにとって天国に行くことが、最も崇高なゴール[スヴァルガパラ]です。

また、「あなたは王子に生まれるでしょう」

「あなたはお金持ちに生まれるでしょう」

「来生であなたは天界の統治者インドラに生まれるでしょう」

と、聞き心地の良い言葉を使うので

人々の心は、それらに夢中になってしまうようです。

この様に、クリシュナはこの悲しい状況を嘆きました。

彼ら自身が、これらの言葉に夢中になってしまうだけでなく

その信念を強い確信に変えたい為

宣教師になり人々を説得します。

彼らの宣教への熱意の本当の理由は

それが、確かではないからです。

彼らの信念は、疑いがある事を意味しています。

疑いがあるので、ある種の強さが必要で

それを信じる人々は宣教師にならざるをえません。

1人の人を説教する事が出来たら

あなたは安全を感じるでしょう。

互いに関わり合っているという強さで、互いに助け合い

それぞれメンバーが、他のメンバーのサポートが出来る様

グループが作られます。

魅惑的で華やかな言葉に我を忘れてしまう人の考えは

ヴェーダーンタの追求に落ち着きません。

その様な言葉に運び去られてしまう考えには

本当の意味での明晰さは、起こり得ないのです。