2019-12-07

【ギーター】第2章49番目の詩

2019/12/07

दूरेण ह्यवरं कर्म बुद्धियोगाद्धनञ्जय ।

dūreṇa hyavaraṃ karma buddhiyogāddhanañjaya |

बुद्धौ शरणमन्विच्छ कृपणाः फलहेतवः ॥२.४९॥

buddhau śaraṇamanviccha kṛpaṇāḥ phalahetavaḥ ||2.49||

行いはカルマヨーガよりも、はるかに劣っています

ダナンジャヤよ、ブッディ・ヨーガに救いを求めなさい

ただ、結果の為に行いをする人は、みみっちい人です[2-49]

好き・嫌い[ラーガ・ドヴェーシャ]の魔力の下に成されている行いは、

適切な考えのあり方と、献身的な態度を持つカルマ・ヨーガとは全く異なります。

その様な行いの結果は、偏見のない考え[サマットヴァ・ブッディ]ではなく、その人の好き・嫌いを持ったままで受け取られます。

この種の行い[カルマ]はブッディ・ヨーガ、つまりカルマ・ヨーガよりはるかに劣っています[アヴァラム]。

ですからクリシュナは「カルマ・ヨーガ・ブッディの中に救いを求めなさい」と言いました。

アンタッカラナシュッディとモークシャの為ではなく

結果だけを目的とした行いをする人々はみみっちい人達[クルパナ]です。

彼らはただ楽しみ[ボーガ]と、権力[アイシュワルヤ]を求めるのです。

彼らは知性[ブッディ]を役立てようとしませんから、そこにはカルマ・ヨーガはなく、彼らを惨めなみみっちい人にします。

みみっちい人とは、お金を持ってはいるけども、彼ら自身の為や他の人の為に、それを使う勇気がない人達です。

みみっちい人は、お金を使う事が出来ません。

「お金が無くなってしまう、無くなってしまう、無くなってしまう」と恐れるからです。

ですから彼らはいつも引退の時期に備え、蓄えて、蓄えて、蓄え続けます。

みみっちい人[クルパナ]は優先順位がハッキリせず、使う勇気がありません。

何の為のお金かについての聡明さが少しもないのです。

このクルパナと言う言葉の意味は、知性[ブッディ]を役立てないという意味に広げられました。

シャンカラはブルハダーランニャコーパニシャドを引用する事でクルパナの言葉の意味を論じます。

यो वा एतदक्षरं गार्ग्यविदित्वास्माल्लोकात्प्रैति स कृपणः

カールギーよ!この「不変のもの」を知る事なしにこの世を去る人はクルパナです。

ブッディは、人間として与えられた見極める力で、人間の出来る最も尊い資産、宝物です。

ですから、その第1の使い方が、自分自身の知識を得る為であるべきです。

誰もがブッディを使う良いチャンスがあるにも関わらず

クルパナはそれを蓄え、あるいは無駄に費やし、その人が授かった最も偉大な富を正しく使わないでいます。

お金に関するクルパナが残した財産は、他者に楽しまれる事が出来ますが

このブッディのクルパナが死んでしまっても、そのブッディは誰も楽しめません。

クルパナはモークシャではなく、小さな結果だけを目的にしている人達で、ただただ欲深さがあります

ですから彼らにはカルマヨーガもなければ、サンニャーサもありません。

ヴェーダの宇宙観に従って、2つのライフスタイルがある事を見てきました。

カルマ・ヨーギー、あるいはサンニャーシーのどちらかです。

クルパナは、カルマ・ヨーギーにならなければなりません。

クリシュナは「カルマ・ヨーガを選びなさい」とアルジュナに言いました。

関連記事