2020-10-06

2020/10/03【ギーター】第2章63番目の詩

क्रोधात् भवति सम्मोहः सम्मोहात् स्मृतिविभ्रमः ।

krodhāt bhavati sammohaḥ sammohāt smṛti-vibhramaḥ |

स्मृतिभंशाद् बुद्धिनाशो बुद्धिनाशात् प्रणश्यति ॥२.६३॥

smṛti-bhraṃśād buddhi-nāśaḥ buddhināśāt praṇaśyati ||2.63||


怒りから妄想が起こり、妄想から記憶は彷徨い

記憶が失われ、考えが無能になり

考えが無能なら、その人は破壊されます[2-63]

私の全ての欲求が、満たされ得る事はなく

欲求を満たす事を妨げる

多くの障害物があります。

この障害物が、怒り[クローダ]の的となります。

この障害物に対し、欲求そのものが歪められます。

欲求の屈折した光が、怒りです。

怒りとは、葡萄からワインを作ろうとして

お酢が出来る様なものです。

欲求を満たす期待がないなら、怒りはありません。

例えば、誰かに何かして欲しくて

その人が、それをしなかったとします。

その人が「それをしない人」と

分かっているなら怒りはないですが

「その人がしてくれる」という期待があるので

為されない時、私は怒るのです。

怒りを表に出さなくても、怒りは生まれています。

抱く欲求の強さが、怒りの大きさを決めます。

欲求が満たされても、満たされなくてもどちらでも良し!

という態度なら、怒りはありません。

しかし、欲求への強さが大きければ

満たされない欲求から起こる怒りを

扱う事は簡単ではありません。

欲しいものを邪魔する人がいるなら

邪魔する人への怒りに変わります。

欲求が、思い通りにならなければ

期待に応えないその人は、怒りの的となります。

更には、ある人に、何かして欲しい事があり

第3者の為にされないのであれば

怒りはその第3者に向きます。

この第3者への怒りは

最初の人に対する怒りよりも大きくなります。

全ての欲求を満たしたいという期待は

ただラーガ・ドヴェーシャによってのみあります。

怒りから自由になりたいなら

手に入れたい・避けたい[ラーガ・ドヴェーシャ]が

和らげなければなりません。

ここでの要点は

欲求を手放し、怒りを回避する事ではなく

又、怒りをコントロールすることでもなく

適切な物事の捉え方[ヴィヴェーカ]が

とても重要だと言う事です。

私は、識別の欠如[アヴィヴェーカ]があると認識します。

人は怒りの渦中で、どう振る舞うかを考えたりしません。

怒りが起こるなら、暴言を吐く、蹴る、殴る、大声を出すetc

これらは自動的に起こり、素性により為されます。

コントロールの問題ではありません。

何をすべきか、すべきでないかのヴィヴェーカの欠如によって

怒りから、妄想[サムモーハ]が起こり

記憶の喪失[スムルティ・ヴィッブラマ]が起こります。

ここで、記憶[スムルティ]という言葉は

ヴェーダーンタの学び、ダルマの理解

様々な過去の体験から学んだ事を意味します。

妄想があり、アヴィヴェーカであれば

過去の教育や体験、全ての知恵の記憶[スムルティ]が喪失します。

過去の体験からの知恵[スムルティ]が役に立たないなら

考えは無能[ブッディ・ナーシャ]です。

ブッディは「今、すべきか、そうでないか」を分析出来ません。

妄想[サムモーハ]は、知恵[スムルティ]を忘れさせる

瞬間的な失神の様なものです。

ブッディは、知恵[スムルティ]がある時にだけ役立ちます。

知恵[スムルティ]がないと衝動が圧倒します。

言い換えるなら、ブッディは破壊されます[プラナッシャティ]。

人が人でなくなり、衝動に明け渡せば

動物の様になります。

噛みつき、蹴り、叫び、誰かを傷つけ、自殺さえします。

怒りが現われるまでは、注意深く振る舞えますが

怒りが現われるなら、全ての注意深さは消えます。

望ましい物への瞑想が、こういった問題を作り出すなら

ギーターのメッセージは明らかです。

望ましい物への瞑想の代わりに

内側の自分自身[プラッテャグ・アートマー]に瞑想するのです。

次回のギーター勉強会は

10月17日(土)11:20~12:50です。

第64番目の詩を学びます。

関連記事