2019-02-04

【ギーター】第2章40番目の詩

2019/02/02

नेहाभिक्रमनाशोऽस्ति प्रत्यवायो न विद्यते ।

nehābhikramanāśo’sti pratyavāyo na vidyate |

स्वल्पमप्यस्य धर्मस्य त्रायते महतो भयात् ॥२.४०॥

svalpamapyasya dharmasya trāyate mahato bhayāt ||2.40||

カルマヨーガにおいて、努力の浪費など全くありませんし

反対の結果がもたらされることなどありません

ほんの少しのカルマ-ヨーガでさえも

人を大きな恐れから守ります。[2-40]

あなたは、耕作を試みること[アビックラマ]はできますが

収穫が出来ないこともあります。

水がないかもしれないし、雨が降らないかもしれないし

害虫に食べられてしまうかもしれません。

適切でない時期に、雨が多く降り過ぎる事さえあるかもしれません。

しかし、この詩の中でクリシュナは言います。

カルマ・ヨーガには、どんな破壊もありません。

[アビックラマ・ナーシャハ ナ アスティ]

あなたがする全てのカルマは、純粋な祈りです。

祈り自体が結果です。

なぜなら祈る事が出来るという事は、

アンタッカラナがうまくお世話されているのです。

あなたは、考えを清める[アンタッカラナ・シュッディ]の為に祈り

そして、その祈り自体が結果を生み出します。

その結果は、後に訪れるわけではなく

あなたが祈っているという事実が、祈りの結果なのです。

カルマヨーガとは、単に行いではなく

物事に対する考えの在り方です。

それが1つの試みなら、その過程において障害があり得るし

あるいは、望む結果を妨げる何かが起こり得ます。

例えば、聖典で命じられている儀式[ヴァイディカ・カルマ]をする時

その儀式を正確にしない事からアビックラマ・ナーシャがあるでしょう。

omission(すべき事をしない)

commission(すべき事をする)があるかもしれません。

間違った方法でなされたり

相応しい施しもの[ダクシナー]を分配しないなら

あなたに結果はありません。

ですから、カルマにおいては破壊[ナーシャ]があり得ます。

しかし、カルマヨーガの場合にはこれがありません。

あなたは、結果[カルマパラ]に興味はなく

モークシャを得る事が出来る為の

アンタッカラナ・シュッディのみが目的です。

この詩のプラッテャヴァーヤという言葉は2つの意味を持ちます。

例えば、ある治療を始め、それを中断します。

その治療の効果は、決められた期間為されなければ問題を引き起こします。

異なる行いをする事は、望んだ結果を得ないので

プラッテャヴァーヤを引き起こします。

そして、それを適切な時にしない事もまた欠陥で

プラッテャヴァーヤの2つ目の意味です。

同様に重要な儀式[カルマ]が行われる時

それに付随する様々な儀式があります。

それらが為されなければ全く結果がないか

悪い結果があるでしょう。

カルマヨーガにおいてはこの様な問題は存在しません。

カルマヨーガは物事に対する態度(姿勢)です。

それは心持ちで、この態度でカルマをし続けます。

あなたは、以前カルマをしていたし、今もカルマをします。

態度が変化することで、それをヨーガにします。

例え、ほんの少しだけでも[スヴァルパム アピ]

カルマヨーガの学び、考えの在り方は

サムサーラの大きな恐れからあなたを守ります。

[トラーヤテー マハタハ バヤート]

一旦カルマヨーガの生活をはじめたなら

あなたは異なった旅をはじめています。

山の頂上から水が流れ降りるのではなく

頂上に向かって流れるかのようです。

カルマヨーガを通し、あなたは人生を反転させました。

あなたが、1度でも反転の人生を歩むなら

多くの障害があっても、あなたを止められません。

この人生で、それを成し遂げられなくても

次の人生でそれを続けられるとギーターが保証します。

もし人が、このモークシャ・マールガを追求している間に肉体を離れても

それを完成させるのにそれ程時間はかかりません。

あなたが反転の人生を歩みだしたという

まさにその事実は、旅がほとんど終わろうとしている事を示しています。

あなたは正しい道のりにいるのです。

その反転の人生が、大きな祝福であると

ギーターは、カルマヨーガを讃えます。

関連記事