千葉県立 青葉の森公園近くの小さなヨガ教室

ギーターヨーガ

ヨガ 勉強会  個人レッスン・出張ヨガ 私について ブログ アクセス スケジュール・予約 お問い合わせ

【ギーター】第3章始まり

2020/11/02

自分自身の中に自分自身でいて満足している人[आत्मनि एव आत्मना तुष्टः](2-55)

これが人間の究極のゴール、自由解放[モークシャ]です。

束縛する欲望を手放すことは、全ての行いをも手放します。

行いは、目的を達成しようという欲望があるからこそ為されます。

アルジュナは、Bestである自由[シュレーヤス]を求め、それには知識のみが必要で、カルマは役には立たないと理解しました。

しかしクリシュナは、カルマ・ヨーガに根ざした行いをするようアルジュナに求めました。

アルジュナは迷いました。

「カルマ・ヨーガでさえ、モークシャに不十分なのに、行いをすることで、モークシャをどの様に得ることができるのでしょう?」

クリシュナは、知識がモークシャを与えると言いました。

しかし、クリシュナは「立ちあがって戦いなさい!」と言いました。

これはどういうことでしょうか?

アルジュナは、クリシュナの意図するものが、本当は何かを知りたいと思いました。

ヴェーダによって指示されるカルマ[ヴァイディカ・カルマ]

1.ニッテャ・カルマ

日常的に為されるべき儀式

2.ナイミッティカ・カルマ

四季折々、特別なに為される儀式

3.カーンミャ・カルマ

望む結果を得る目的で為される儀式

4.プラーヤシュチッタ・カルマ

間違った行為を中和する為の儀式

-

これらが、自分を救い出すものではないとアルジュナは知っていました。

モークシャは、純粋に知識、その結論に至ったからこそサンニャーシーになりたいと思ったし、他の全ての行いを諦めて、知識の追求に人生を捧げようと思ったのです。

ヴェーダの4つのステージ[アーシュラマ]

1.ブランマチャーリヤ

両親や先生の近くに住んで仕えながら24年学びに打ち込む

2.グラハスタ

家庭を持ち、社会への貢献に打ち込む

3.ヴァナプラスタ

日常の忙しさから離れて暮らすサンニャーサの準備期間

4.サンニャーサ

社会、家庭の義務を手放しヴェーダーンタの学びと熟考に専念する

-

アルジュナが見てきたサンニャーシーは、知識を求めるために全てを手放していました。

だから、モークシャを求めるなら同じようにすべきだと、彼は思ったのです。

人生で、どのようなものを追い求める時も専念する生き方は必要です。

アルジュナは、知識を追求する為にサンニャーサが唯一の目的地に見えて、それが正しいと考えました。

しかし、クリシュナは「戦うことを決心し、立ち上がって戦いなさい![तस्मात् उत्तिष्ठ कौन्तेय युद्धाय कृतनिश्चयः](2-37)」

とアルジュナに言いました。