2020-12-08

【ギーター】第3章3番目の詩②

2020/12/07

श्रीभगवान् उवाच ।

śrībhagavān 1/1 uvāca III/1 |

लोकेऽस्मिन् द्विविधा निष्ठा पुरा प्रोक्ता मयाऽनघ ।

loke7/1asmin 7/1 dvividhā1/1 niṣṭhā1/1 purā0 proktā1/1 mayā3/1anagha8/1|

ज्ञानयोगेन साङ्ख्यानां कर्मयोगेन योगिनाम् ॥३.३॥

jñānayogena3/1sāṅkhyānāṃ6/3karmayogena3/1yoginām6/3 ||3.3||

シュリー バガヴァーンが言いました。

罪のない者よ。この世の2つ専心するライフスタイルは

最初に私によって語られましたが

サンニャーシーの為のニャーナヨーガと

ヨーギーの為のカルマ・ヨーガです[3-3]

シャンカラは、幼いころからサードゥになりたかったのですが

母親は全く同意しませんでした。

そんなシャンカラに、足にかぶりついたワニが一役買いました。

シャンカラが川で沐浴をしていた時

「ワニに足をかまれている!死んでしまう!」と

母に大声で叫んで伝えます。

母は、ショックで泣き叫びますが

「サンニャーサの誓いを許して下さい!」

と、母親に言いました。

生命の危機ですから、アーパト・サンニャーサでした。

(※アーパトとは危険という意味)

母親の許可を得て、シャンカラが誓いを立てると

何と!そのワニは、彼を逃がしてくれました。

川から出てきて、母親は

「おいで、家に帰りましょう」言いました。

「何だって? 僕はもうサンニャーシーですよ。」

とシャンカラは答えました。

「誓いはワニのためだけのものです」

と、母親は言いましたが

「とんでもない。誓いをたてたのだから、僕は行くよ。」

そう言って、シャンカラはサンニャーシーになりました。

インドの中央部のナルマダー川のふもとに住む

ゴーヴィンダ・バガヴァト・パーダの弟子になりました。

アーパト・サンニャーサを取得したものの

生き残ったシャンカラですが

この誓いをゴーヴィンダパーダが認めました。

サンニャーシーは、生まれ変わらない

もしくは、より良い生まれ変わりが得られると

と信じられています。

サードゥとして人生を始められる様な

家庭に生まれるかもしれないのです。

サンニャーシーになった人は、前の人生で

アーパト・サンニャーシーであったかもしれません。

アルジュナは、アーパト・サンニャーサではなく

ヴィヴィディシャー・サンニャーサを望んでいました。

サンニャーサでは、全ての義務的な火の儀式や

全てのカルマを手放す為の特別な儀式があり

それは、サンニャーシーが行う最後の火の儀式です。

この儀式で、サンニャーシーは

全ての先祖、家族、リシたち、デーヴァに別れを告げ

自己の知識が、全てを自由にすると述べ

先祖たちに祝福を求めます。

あらゆる生き物を傷つけない、というアバヤの誓いと

俗世で、他者と競争しない、という誓いを立てます。

誓いを立て、モークシャを象徴する方角の北に数歩を歩みます。

死神[ヤマ]が南に住むので

南は死を意味し、好まれません。

死から自由であるモークシャを求め、北に歩き出すと

サンニャーシーは、グルに引き戻され

簡素な衣服一式を与えられ、グルのもとで仕えて

学びを続けるように求められます。

目的は、知識によって、全てのカルマを手放すことですから

ヴィドヴァト・サンニャーサは

正式に、サンニャーサを取得していないかもしれません。

知識は「私は行い手ではない」

「私は行いをしていない」です。

これを、行いがない状態[ナイシュカルミャ]と呼びます。

アートマーは、どんな行いもしないので

どんな時も、行いはしていないということです。

また、 アートマーが誰かに行いをさせることもありません。

あらゆる行いはしますが、私は行い手ではないのです。

この知識がニャーナ・カルマ・サンニャーサとしての

本当の意味でサンニャーサなのです。

このニャーナ・カルマ・サンニャーサの為

人は、自己の知識を求めて

サンニャーサの生き方を選びます。

もう1つのニシュターであるカルマ・ヨーガは

他のアーシュラマにいる全ての追求者のためのものです。

関連記事