2020-12-21

【ギーター】第3章3番目の詩④

2020/12/21

श्रीभगवान् उवाच ।

śrībhagavān 1/1 uvāca III/1 |

लोकेऽस्मिन् द्विविधा निष्ठा पुरा प्रोक्ता मयाऽनघ ।

loke7/1asmin 7/1 dvividhā1/1 niṣṭhā1/1 purā0 proktā1/1 mayā3/1anagha8/1|

ज्ञानयोगेन साङ्ख्यानां कर्मयोगेन योगिनाम् ॥३.३॥

jñānayogena3/1sāṅkhyānāṃ6/3karmayogena3/1yoginām6/3 ||3.3||

シュリー バガヴァーンが言いました。

罪のない者よ。この世の2つ専心するライフスタイルは

最初に私によって語られましたが

サンニャーシーの為のニャーナヨーガと

ヨーギーの為のカルマ・ヨーガです[3-3]

行い[カルマ]は、限られた結果を伴い

それは、明らかに束縛ですが

アンタハ・カラナ・シュッディの為

ラーガ・ドヴェーシャの中和の為

イーシュワラから恵みを得る為

つまり祈りや、儀式、役割を果たす目的の行い[カルマ]は

モークシャの為の手段[ヨーガ]となります。

カルマ・ヨーギーには

ラーガ・ドヴェーシャを中和する手段、世界、場所があり

サンニャーシーにはありません。

朝から、晩まで、知識の追求をする生活を送り

それには思慮深い考えが必要です。

ラーガ・ドヴェーシャからのプレッシャーがあるなら

熟考し、座っていられません。

サンニャーシーの生活を求めたとしても

2、3日も経てば、苛立ちの原因となります。

ですからサンニャーサは、最低限ラーガ・ドヴェーシャを

上手く扱うことが出来る人の為だけにあります。

そうでなければ、みじめなサンニャーシーです。

シュレーヤスの為だけに2つのニシュターがあります。

アルジュナは、どちらがよいのか、クリシュナに教えを求めました。

クリシュナは、サンニャーシーorカルマ・ヨーギー

どちらかになることが出来ると答えました。

カルマ・ヨーガの生活をする人も、サンニャーサの生活をする人も

モークシャを得ることが出来るのです。

唯一の違いは、サンニャーシーには”知識”のみがあり

一方、カルマ・ヨーギーには”知識”と”行い”があるのです。

ここに多くの混乱があるので

この違いを、十分に理解するのです。

知識の追求をせず、見極め無く、モークシャが目的でないなら

カルマ・ヨーギーではありません。

それは、行いをする人[カルミー、カルマタ]です。

モークシャがはっきりとしたゴールである時

カルマがヨーガになります。

考えをきれいにする[アンタハ・カラナ・シュッディ]を得る為

特別な態度で行いがされるからです。

全ての行いを手放す[サルヴァ・カルマ・サンニャーサ]

が、目的そのものです。

全ての行いを手放すとは”行いをしない”ことではなく

「わたしは行い手です」という観念を手放すことです。

イーシャーヴァースョーパニシャドの最初に

イーシュワラ自らによって明らかにされています。

ニャーナ・ヨーガの詩

ईशा वास्यमिदं सर्वं यत्किं च जगत्यां जगत् ।

तेन त्यक्तेन भुञ्जीथा मा गृधः कस्य स्विद्धनम् ॥ १ ॥

この移り行く世界で、全てがパラメーシュワラとして見られますように。

全てのものは神であるのに

あなたのものであるものは何がありますか?

また、あなたのものではないものがありますか?

隠遁生活をし、自分自身の知識のみを追い求めなさい。

カルマ・ヨーガの詩

कुर्वन्नेवेह कर्माणि जिजीविषेच्छतं समाः ।

एवं त्वयि नान्यथेतोऽस्ति न कर्म लिप्यते नरे ॥ २ ॥

たとえ、100年生きたいと望むとしても

適切な 心構えで行いをして生きなさい。

これが、あなたたちにとって、最善のことです。

もし、行いが正しくなされるのなら

それは、あなたに何の影響も与えません。

モークシャが、人間がこの人生で辿り着くべきゴール、目的地で

今ここでサムサーラが乗り越えられます。

人として生まれてきたということは

知性[ブッディ]を持ち

識別[ヴィヴェーカ]が起こり得るので

それで既に大成功です。

経験が教えてくれるというのは事実ですが

見極めを育てる為、75年もうろつき回り

時間を無駄に過ごす必要はありません。

ヴィヴェーカを持つなら、シュレーヤスのみが

唯一、本当のゴールになるのです。

その為、カルマ・ヨーギーorサンニャーシー

2つののどちらかになります。

サンニャーシーになり、知識を追求することも出来るし

カルマ・ヨーギーになり、カルマと共に知識を追求することも出来ます。

知識がモークシャです。

知識[ニャーナ]か、行い[カルマ]ではなく

サンニャーサかカルマ・ヨーガのどちらかを選ぶのです。

アルジュナの場合、選択が与えられるなら

行いをすることは、大変で、問題がある上、

流血の惨事でさえあるので

サンニャーサが、よりよい選択のように思えました。

農家を営むカルマ・ヨーギーも

牛の乳搾りをし、草を食べさせ、体を洗い

子供の世話、様々なことをせねばなりません。

それならサンニャーサを選ぶことの方が良い!!

アルジュナは本当にそう思いました。

しかし、サンニャーサは見かけほど簡単なものではないのです。

勉強せず、1日中ただ食べてぼんやりと暮らすかもしれません。

実際、そんな簡単なものではないのです。

カルマ・ヨーガは、サンニャーサの為の道を整えます。

知識を得たいという願望への道をも整え

それゆえ、ヴィヴィディシャー・サンニャーサへの道も整えます。

詰まる所、サンニャーサは全てを手放すことなのです。

特にアルジュナは、12年間の森で暮らした経験があり

全てを放棄することは、難しくないと思っていました。

しかしその12年間アルジュナは、ドゥルヨーダナのこと、王国のこと

アダルマのこと、そういった事を考えてきたのです。

ドゥルヨーダナを12年間もの間、瞑想し続けたのです。

アルジュナは、長い間、深い傷を抱いてきました。

ですから、そんなに簡単にサンニャーサを選ぶことはできません。

次の詩では、モークシャを得ること

行いのないことの本当の意味を

クリシュナがアルジュナに教え始めます。

関連記事