2021-01-26

【ギーター】第3章4番目の詩⑤

2021/01/25

न कर्मणामनारम्भान्नैष्कर्म्यं पुरुषोऽश्नुते ।

na karmaṇām anārambhāt naiṣkarmyam puruṣaḥ aśnute|

न च सन्न्यसनादेव सिद्धिं समधिगच्छति ॥३.४॥

na ca sannyasanāt eva siddhiṃ samadhigacchati ||3.4||

行いをしないことで

行いの無いこと[ナイシュカルミャ]を

得るのではありません。

単に、サンニャーサから成功(自由)を

達成するのでもありません[3−4]

ナイシュカルミャという言葉は

行いから自由なことです。

自由[モークシャ]、つまり自己の知識[アートマー・ニャーナ]と同じ意味です。

”行いの無い状態は、行いをしないことではない”

クリシュナは、ここではっきりと言います。

状態とは、活動的なものです。

行いのない状態を得ることで

モークシャを得るると言うなら

「何も行いをしないでいること」と

人は考えるでしょう。

アルジュナも同じでした。

「なぜ、酷いこと(行い)をしなければならないのでしょうか?」

アルジュナも、行い全てを手放すことで

ナイシュカルミャ(行いの無いこと)

つまりモークシャを得られると考えました。

関連記事