2021-02-02

【ギーター】第3章4番目の詩⑥

2021/02/01

न कर्मणामनारम्भान्नैष्कर्म्यं पुरुषोऽश्नुते ।

na karmaṇām anārambhāt naiṣkarmyam puruṣaḥ aśnute|

न च सन्न्यसनादेव सिद्धिं समधिगच्छति ॥३.४॥

na ca sannyasanāt eva siddhiṃ samadhigacchati ||3.4||

行いをしないことで

行いの無いこと[ナイシュカルミャ]を

得るのではありません。

単に、サンニャーサから成功(自由)を

達成するのでもありません[3−4]

行いが無いことがモークシャなら

長時間、行いがない状態でいたらいいのでは?

と考える人がいるかもしれませんが

それがモークシャであるなら

考えと考えの間には、行いは全く無く

次の考えが現われる前に

モークシャを得ていることになります。

とっくにモークシャを得たことになってしまいます。

そして、もう1つ言っておくべきことは

”行いをしないことは不可能”ということ。

クリシュナは、次の詩でこれを述べます。

長い間、行いをしない状態でいることも行いです。

座っていることも行い

横になることも行いです。

この様に、行いをしないことで

行いの無いことを得ることは出来ません。

更には、行いを始めなければ

行いの無い状態を得ると

考える人がいるかもしれません。

行いをしている状態と、しない状態の間の

平静な状態が、行いが無いことで

その平静な状態が保たれるなら

モークシャは妨げらないと思う人がいます。

しかし、再び行いを始めるなら

モークシャが、かき乱されてしまう、と言うのです。

そもそも、モークシャとは自由ですから

かき乱されることも、妨げられることもありません。

空間から現れた風が、空間を吹き飛ばしたり出来ない様に

風(空気)が、そこから現れた火に燃やされたりしない様に

自由であるモークシャは、何の影響も受けません。

行いをし始めないことで、ナイシュカルミャは得られません。

また、ヴェーダで規定されている(前半のヴェーダ)

全ての責任や義務を免除される(ライフスタイル)サンニャーシーの誓いをたて

サンニャーサ(モークシャ)になり得ると言う人がいるかもしれません。

知識の追求の為に、サンニャーサを選び

全ての行いを手放すことが出来ると

ヴェーダ自体に書かれていますが

単にサンニャーシーになったからと言って

その人がナイシュカルミャを得たということにはなりません。

そのためには、自己の知識が必要です。

カルマ・ヨーガも、モークシャを得る為の(間接的な)手段です。

カルマ・ヨーガで、ある程度の思慮深さを得て

多かれ少なかれ人生が適切に足りたものとなり

自分自身に満たされ、自分自身と座ることができます。

そして、その人はサンニャーサのライフタイルに入ることができます。

行いをしないことがナイシュカルミャではありません。

サンニャーシーのではないのに

課されている行い[カルマ]をしないのならば

これは義務怠慢です。

サンニャーサのライフスタイルを選び、カルマを手放すなら

・傷付けない

・競争しない

・関わらない

・与えられた食事と住む場所で暮らす

といった、サンニャーサの誓いをたてた事で

全ての行いから自由になると考えるかもしれませんが

それは違います。

知識を得なければなりません。

関連記事