2021-03-22

【ギーター】第3章08番目の詩①

2021/03/22

नियतं कुरु कर्म त्वं कर्म ज्यायो ह्यकर्मणः ।

शरीरयात्रापि च ते न प्रसिद्ध्येदकर्मणः ॥३.८॥

niyataṃ kuru karma tvaṃ karma jyāyaḥ hi akarmaṇaḥ |

śarīra-yātrā api ca te na prasiddhyet akarmaṇaḥ ||3.8||

なすべきことをしなさい。行いは何もしないより優れています。

何もしなければ、自分の体を維持することさえ、出来ないでしょう。[8]


シャーストラで規定されたもの

ダルマの秩序によるものを、ニヤタと言い

適切なカルマは、ニヤタム・カルマと言います。

何も行動しないより、行動する方が優れてますから

クリシュナはアルジュナに行いをしなさい、と言いました。

自分自身[アートマー]を知らず

カルマを行うこともしないのであれば

何も達成されることは無く

肉体、考え[アンタハ・カラナ]は病んでいきます。

カルマをすることは、カルマをしないことより

明らかにより優れています。

行いをしなければ、生きるという旅は無い

とクリシュナは言いました。

肉体の旅[シャリーラ・ヤートラー]は

生まれてから、ずっと続きます。

単に人生を生き、ただ生き残っても何も達成しません。

あらゆる生き物は、生存本能を持ち

プラーラブダカルマを消化するまで生き残りますが

生存が、人の達成するべき事ではなく

人の人生とは、何かを達成する為のものなのです。

ですから、4つの側面を持つ人の目的[プルシャ・アルタ]

安全[アルタ]、喜び[カーマ]、正義[ダルマ]、

あらゆるものからの自由[モークシャ]。

この4つがシャーストラで述べられているのです。

達成すべきゴールを叶えようと突き動かす

様々な望みを私たちは持っているのです。

食べる為に手を使わない

偉大なサンニャーシーと言われるスワミがいます。

そのスワミは、口を開け、他の人に食べ物を入れてもらいます。

しかし、明らかに口を開けることは行いで

口を閉じるということも、噛むこと、飲み込むこと

次の一口の準備をすることも行いだと

彼は理解していません。

このスワミは、喋らず、何もしないので

人は、それをナイシュカルミャと言いますが

そうではありません。

生きる為に、人は少なくとも食べることが必要です。

行いをしなければ、食べることでさえ出来ません。

食べる為に手を使わないのであれば

誰かに食べ物を口に入れてもらわなければなりません。

料理をしてもらい、口に入れてもらわなければなりません。

それは行いです。

必要な材料を買う為、お金を稼ぐことも行いです。

行いをせず生き続けるのは不可能ですから

すべきことをするのです。

第1章でアルジュナは、身内を破壊することで

大きな罪を犯すと言いましたから

クリシュナは、アルジュナに行いをすることを恐れるなと言います。

カルマが、プンニャとパーパを作り出し

それによって再び生まれ変わる。

そしてまたカルマをし、それがプンニャとパーパを作り

また再び生まれる。

カルマが、サムサーラの人生における元凶であると言われるのです。

カルマこそが、束縛の原因で

カルマをすべきではない

という結論に至ってしまうのです。

関連記事