2020-12-28

【ギーター】第3章4番目の詩①

2020/12/28

न कर्मणामनारम्भान्नैष्कर्म्यं पुरुषोऽश्नुते ।

na0 karmaṇām6/3 anārambhāt5/1 naiṣkarmyam2/1 puruṣaḥ 1/1aśnute III/1 |

न च सन्न्यसनादेव सिद्धिं समधिगच्छति ॥३.४॥

na0 ca0 sannyasanāt 5/1 eva 0 siddhiṃ2/1 samadhigacchati III/1 ||3.4||

行いをしないことで

行いのないこと[ナイシュカルミャ]を

得るのではありません。

単に、サンニャーサから成功(自由)を

達成するのでもありません[4]

1.ニャーナ・ヨーガ・ニシュター

2.カルマ・ヨーガ・ニシュター

2つのライフスタイルがあり

この2の間には繋がりがあります。

ニャーナ・ヨーギーは、知識の追求だけがヨーガですから

ラーガ・ドヴェーシャから自由でなければなりません。

ラーガ・ドヴェーシャが、全ての問題の原因だと

ギーターで描写されています。

ですから、サンニャーシーになる前に

ラーガ・ドヴェーシャが解決されなければなりません。

カルマ・ヨーガをせずに、サンニャーシーになるなら

ラーガ・ドヴェーシャを和らげられません。

ある特定のものに対する欲望[ラーガ]があっても

サンニャーシーは、ラーガを満すことは出来ませんし、

避けたいと思う状況[ドヴェーシャ]も

中和されないまま残ります。

しかし、カルマ・ヨーギーは

ラーガ・ドヴェーシャを中和する場があります。

カルマ・ヨーガが、ニャーナ・ヨーガの手段になり

ニャーナ・ヨーガがモークシャの手段になります。

サンニャーサという言葉は、

Ⅰ.知識の追求のためだけに

全ての関係や行為を手放す生活スタイル

Ⅱ.知識により、全ての行為を手放す

[ニャーネーナ カルマ・サンニャーサハ]

という2つの意味があることも見てきました。

知識が、サンニャーサで、サンニャーサそれ自体を

ゴールとして扱うことがあります。

全ての行いを手放すこと[サルヴァ・カルマ・サンニャーサ]が

知識の中に起こるからです。

知識を得て”アートマーが行っている”

という観念が取り消されます。

アートマーには、行いをしていても

”行い手である”という観念はなく

アートマーによって、なされることはありません。

このことが、はっきりと理解され

その知識で、全ての行いが手放されます

[ニャーネーナ カルマ・サンニャーサハ]。

これがサルヴァ・カルマ・サンニャーサ

という言葉で言い表され

モークシャと同じことです。

ニャーサ[नि+अस्+अ]とは隠退生活を意味し

サンニャーサとは完全な、完璧な隠退生活です。

サルヴァ・カルマ・サンニャーサは

あらゆる行いから、完全に身を引くことで

知識そのものという形をした隠退です。

この知識は、適切な態度[カルマ・ヨーガ]で

考えが成し遂げられます。

関連記事