2021-03-03

【ギーター】第3章7番目の詩①

2021/03/01

यस्त्विन्द्रियाणि मनसा नियम्यारभतेऽर्जुन ।

कर्मेन्द्रियैः कर्मयोगमसक्तः स विशिष्यते ॥३.७॥

yastvindriyāṇi manasā niyamyārabhate:’rjuna |

karmendriyaiḥ karmayogamasaktaḥ sa viśiṣyate ||3.7||

アルジュナよ。一方、考え(識別)によって

感覚器官を制御しながら、
執着を手放し、行動器官を使い

カルマ・ヨーガを選択する人は、ずっと優れている[7]



自分の感覚の追求を制御できる人は

見極め[ヴィヴェーカ]を持ち

制御は、考えを通してのみなされます。

この詩で、マナスは

知性[ブッディ]という意味で使われてます。

行動器官と、感覚の追求を思いのまま指揮します。

行いの結果[カルマ・パラ]に執着がなくなり

カルマ・ヨーガの生活を始め[アーラバテー]選びます。

カルマ・ヨーガとは

ヨーガ、手段[サーダナ]として

カルマをすることです。

行為とその結果に関するはっきりとした考え方ですから

カルマ・ヨーガを持つことだけできますが

カルマ・ヨーガをすることはできません。

クリシュナが描写した人は

話したり、歩いたり、何であれ為すべきことを

適切な考え方でします。

ヴァイディカ・カルマであれ

ラウキカ・カルマであれ

カルマ・ヨーガの態度でカルマをする時

ラーガ・ドヴェーシャを満たす為にするのではなく

それを中和する為に行います。

モークシャである知識を得るための

考えの浄化の為なのです。



人は一般的に、安心や喜びを得る為に儀式や祈りをします。

これはラーガ・ドヴェーシャを満たすことに他なりません。

これについて全く問題はないのですが

ラーガ・ドヴェーシャを満たす為だけ

ということを知っておくべきです。



問題の解決の為に神に祈りを捧げることは

確かに適切なことです。

自分が出来ることを全てやり尽くし

それで十分ではない時

神に祈願したらいいでしょう。

ここで理解されるべきことは

たとえヴェーダで規定された祈りでさえも

この世、あの世での安全や喜びの為にあるということです。

あるいは、祈りは、考えをきれいに整えることで

自分自身の知識[モークシャ]の為の

手段[ヨーガ]になり得ます。

関連記事