2021-03-17

【ギーター】第3章7番目の詩③

2021/03/15

यस्त्विन्द्रियाणि मनसा नियम्यारभतेऽर्जुन ।

कर्मेन्द्रियैः कर्मयोगमसक्तः स विशिष्यते ॥३.७॥

yastvindriyāṇi manasā niyamyārabhate:’rjuna |

karmendriyaiḥ karmayogamasaktaḥ sa viśiṣyate ||3.7||

アルジュナよ。一方、考え(識別)によって

感覚器官を制御しながら、
執着を手放し、行動器官を使い

カルマ・ヨーガを選択する人は、ずっと優れている[7]



アンタ・カラナ・シュッディは

イーシュワラを理解するためにあります。



「知ること」「得ること」「たどりつくこと」

これらの言葉が意味するのはイーシュワラの知識で

自己の知識とは離れていないものです。

個人[ジーヴァ]と、神[イーシュワラ]は同じもので

あなたはあれです[タット トヴァム アシ]

という等式で表現されます。

あれ[タット]は、世界の源[イーシュワラ]を指します。

あなたは「あれ」、イーシュワラです。

この等式は当然ながら

自己の知識、イーシュワラの知識を指します。

イーシュワラから、何かを得ることは

ラーガ・ドヴェーシャを意味しますが

カルマヨーギーは、イーシュワラとは何か?を理解し

イーシュワラの視点を持ちたいと望みます。

クリシュナはこのヨーガを始める人を

ずっと優れたもの[ヴィシッシャテー]と描写しました。

6番の詩のミッティヤーチャーラと比較して

それより良いと言っているはありません。

この2つは、全く違うもの、比べるどころではありません。

単に優れているということでもなく

全く比べるどころでは無いという意味です。

見た目は、行いはしていなくても

内心では、手放した感覚的なものに執着している

この偽善者は、怠惰な人と言われます。

無為に過ごす人というのもいます。

無為に過ごす人は、何も達成することなく

いつも忙しくしている人のことです。

様々なややこしいことを作り出し熟すのです。

その人は、何もする時間がなく何も達成できません。



ハワイのプラネタリウムで、忙しく設計された

コインで操作する機械が置いてあります。

動くピストンや、回転する歯車、打ちつける仕組みなど

あらゆるカラクリのある機械です。

しかし、それは何も作り出されることはありません。

エネルギーと、才能の無駄遣いで

何も達成することなくバタバタしている人

無為に過ごす人を現す皮肉の例えです。

無為に過ごす人と、怠惰な人は違います。

カルマ・ヨーギーは究極のプルシャールタ

つまりモークシャを達成しますが

偽善者である怠惰な人は、相対的な意味でさえ

何も成し遂げることはありません。


関連記事